茶飲み話・日ユ同祖論

 

「古代日本とユダヤには血縁があって天皇家はユダヤ人の子孫である」。とする説が日ユ同祖論である。これは単なる噂話のたぐいの都市伝説ではなく、近年それを実証する多くの証拠が見つかっている。ユダヤのマークと言えばユダヤ国旗にも採用されている三角を上下にひっくり返し組み合わせた六角星、六芒星であるが、このマークは伊勢神宮をはじめ古い神社にも見られる。

そして皇族を象徴する十六菊花紋はイスラエルのダビデ門の中央にも描かれていて、古代この地方を治める王家の家紋でもあった。その他ユダヤの言語ヘブライ語と大和言葉には似通った単語が多数あり、カタカナもまたヘブライ文字とよく似ているという。そのほか神社や祭りの儀式、風習など数え上げたらきりがないらしい。

時は紀元前6世紀、古代ローマの侵略を受けたユダヤの民は国を追われ、いくつかのグループに分かれ離散する。これをユダヤでは「失われた10士族」というが、この一部がシルクロードを通過し、朝鮮半島を経て日本に渡来して国を治めた。これがいわゆる皇室ユダヤ起源説である。三笠宮殿下は生前「われわれはイスラエルからやって来た」と語っておられたとか。

でも私たち戦後世代は正しい日本史を学んでいない世代でもある。先の大戦で敗れた日本はアメリカに無条件降伏したために神武天皇はじめ皇紀で記された戦前の日本史が否定され、仁徳天皇以前は神話の世界へと葬られた。そのため古事記、日本書紀で書かれている真の古代日本史を学んでいない。そして天皇陛下や皇族を否定することは進歩的だと間違った教育を受けた。

ただ戦後80年も経過するとアメリカの日本文化抑圧も緩む。一方で考古学的歴史研究も進み、神話とされてきた古代日本史が再びクローズアップされている。そこで神武天皇ユダ人起源説も息を吹き返す。いまユダヤ人研究者が神道と古代ユダヤ教との共通点などを探っている。また遺伝子解析技術も進み、日本人の中にはユダヤ人のDNAを持つ人が数パーセントいるとか・・・。(信憑性はともかくロマンを感じる話もである。勝田陶人舎・冨岡伸一)

 

 

 

 

茶飲み話・詐欺

 

「最近、新たなオレオレ詐欺が起こる兆しがある!」それはAIの急速な進歩で人の音声が正確にコピーできるようになり、他人になりすまし会話することが可能となったからだ。電話で話せば音声では全く区別できないので、旦那になりすまし奥さんをだますことも出来るらしい。オレオレと言わなくても普通に話せば簡単に金の請求が可能だという。

何しろ声紋が同じなので、音声入力のセキュリティさえ突破できる。ぼーっとしていると声だけの仮想の女房に騙され、身ぐるみ剝がされることもある。でも音声さえ録音しておけば、亡くなった旦那の声に変換して会話することも出来るので、寂しがり屋の未亡人などには朗報かもしれないね。

でも実際には「せっかくヒトリになれたのに今さら旦那の声、冗談じゃない!」という奥さんが多いと思う。ある統計によると熟年夫婦に「もう一度結婚するとしたら同じ人を選びますか?」の問いに過半数の男性は「イエス」だが、女性のほとんどは「ノウ」であるという。女性の方が歴史的に長く束縛されてきたぶん、自由を求める感情は強いらしい。

ところで音声入力と言えばとりあえず今はアマゾンのアレクサだ。ベットの中から「アレクサ、おやすみ」の声掛けで電気を消してくれたり、「アレクサ、今日の予定は」で大切な用事を教えてくれたりといろいろ便利らしい。しかしオウムやインコを飼っている家は注意しないとね!彼らが勝手にアレクサにネット経由で買い物の指示を出し、覚えのない物品がピンポンと宅配されるという。

アレクサに様々な人の声に変換できる機能をつけたらどうだろう?単身赴任の時などは、奥さんの声に変換すれば気持ち休まるかもね。でも男性だって奥さんの声より、色っぽいマリリンの声の方がよいにきまってる・・・。(冗談はともかく、新手のオレオレ詐欺には注意してください。勝田陶人舎・冨岡伸一)

 

茶飲み話・築地

 

ゴールデンウイークも終わり、木々の緑が増す季節になっても訪日外国人数はいっこうに減らない。いま世界を見渡すと一触即発の危険地帯が多く、女性や年配者の旅行は敬遠される。そこで安心安全が売りの我が国に旅行客が集中することになる。そのうえ円安で物価は安く、自然が豊かで観光地も豊富とくれば文句のつけようもない。

「日本の清潔なシャワートイレは最高!」と喜ぶ外国人観光客が殆どだが、同時に日本の食文化もすこぶる評判が良い。レストランでの食事やコンビニでのパックランチ、菓子類にいたるまで、値段のわりにはクオリティーが非常に高いと言う。しかしこれは基本食材の良しあしで決まり、農、漁業従事者の食材に対する徹底した管理によるところが大きいと思う。

これから未来を見つめると急激なテクノロジーによる世に中の変化は予想しがたい。だがどんなに世の中が変わろうとも生身の人間である以上、食事と排泄はついてまわる。うまい食事にきれいなトイレ!これは日々生活の根幹をなすもので人類の最重要事項だ。でも他国の人々はここに意識があまり向いてない。ジャンクフードに汚れた公衆トイレでは美しい観光地の魅力もうすれる。

最近、築地場外市場には多くの外国人旅行客が訪れている。魚河岸はすでに豊洲に移転し場外市場だけがこの場所に残ったが、銀座に近い地の利から現在では外国人の食べ歩き観光スポットになった。でも実際には食材や寿司などの飲食も別段他所より安いわけではなく、オノボリサン御用達の昭和レトロのノスタルジック・飲食テーマパークといったぐあいだ。

「日本人は本当に魚を生で食うのか?気持ち悪い!」とケゲンナ顔でよくきかれた。もう40年以上も前のこと、ヨーロッパを列車で移動していると比較的魚を喰うイタリア人も、魚の生食は考えられない様子だった。ところが今はどうだ!刺身や寿司を喰いに欧米から沢山の人達がやってくる・・・。(イタリアにはカルパッチョがあるという人がいるが、生魚のカルパッチョは日本人の発案です。勝田陶人舎・冨岡伸一)

 

 

茶飲み話・労働

 

「人類は徐々に過酷な労働から解放されることを理想に進歩してきた」。などと書けば、まるで社会学者のようであるが今日はこれを簡単に考えてみよう。昔は労働生産性を上げようとすれば多くの人手が必要であった。そこで半強制的に人を連れてきて作業させたり、極端な場合は奴隷にその過酷な肉体労働を強いた。ところが18世紀になると蒸気機関が発明され、人は徐々に重労働から解放されていく。

そして20世紀に入ると内燃機関から電気が普及すると、各種の家電製品やコンピューターが発明され人々の日常生活を変えていく。そして21世紀にはいるとスマホが登場し、SNSにより情報革命がおきて我々の生活は格段に便利になる。その間、日本においても盆暮れだけだった休日が週休二日になり、リモートなど自宅勤務も許される時代に変わった。

「しかし問題なのはこれからだ!」今話題になっているチャットGPTの進化版が先日発表された。驚異的な学習能力を持つこのAIが普及すると、多くのオフィスワークの必要がなくなり、弁護士などの(士)のつく職業も同時に劇的に効率化され、職を失う人も続出するとの予想だ。そして単純労働は知らぬ間にロボットに代替されている。

そして労働から解放され続ける人類は「一生好きなことだけをしてればよい時代へと進んでいく」。要は全員が好むと好まざると若い時から貴族生活を送れるわけだ。朝起きてゆっくりとメイドの用意したマイセンカップのダージリンティーを啜り、今日は何をしようか?などと考え、静かに広い庭園に目を移す。あいにく小雨模様なので、白いペルシャ猫を抱き書斎の扉を押すといった具合だ。

「お金の問題?」そんな下世話のこと考える必要ありません。貨幣などはなくなり、すべてがデジタル通貨になる。とりあえず国からは毎月一定の金額が生活費としてウォレットにチャージされ、ボランティアや善行などを行えばポイントが加金・・・?この速度で時代が進むと5年後の近未来すら分からない。いったいどんな時代になるやら楽しみであり、悩ましくもある。(このさき時代は悪く言えば総失業社会、よく言えば新貴族社会に向かう。勝田陶人舎・冨岡伸一)

 

 

 

 

茶飲み話・非常識

 

「日本の常識は世界の非常識!」と発言し、日本を欧米型個人主義社会に変えようと尽力していた一人の経済評論家がいた。彼の名はT・K、もう30年以上も前に日曜テレビ討論番組などで見かけた、禿を隠す独特のヘアースタイルとパイプをくわえた風体のアメリカ礼賛グローバリストである。彼は日本のローカルな村社会的国体やイエス・ノウをはっきり言わない国民性などを批判していた。

ところがそれから現代にいたっても日本人の民族性は殆ど変わっていない。でも最近はそのローカルな国体が逆に外国人から非常に評価が高い。日本に行けば何か自国と違う異文化体験できると人気があるのだ。欧米などは国境を開き、移民を大量に受け入れたため自国の文化が希薄化し、ごった煮の闇鍋状態になっている。そのため治安は悪化し、女性が夜一人で歩くこともできない。

「水から投入した昆布は沸騰する前に鍋から引き上げる。次に鰹節を入れたら1分弱で取り出す」。これは日本料理の原点である透き通って透明な「お出汁」の取り方である。濁らない「出汁」へのこだわりは、まさに料理だけでなく日本人の精神的美意識の根源であると私は感じている。日本文化は透明で清楚、清潔で純粋、そして混濁を避けるのが理想なのだ。

日本にはグローバル化の遅れにより、海外に汚染されない伝統、文化がまだ多く残っている。それを楽しみに現在多数の外国人が日本にやって来ていて、大きな観光資源になった。先進国でありながら英語があまり通じず批判も受けるが、言葉が通じないところが外国旅行の面白いところでもある。ウェルカムの気持ちがあれば心は通じ合う。

世界で行きたい国のナンバーワンになった日本に、この連休も多くの外国人達が押し寄せてきた。京都や奈良などの観光都市はもとより、東京や大阪のような大都市までがオバーツーリズムのためホテルの予約が取れない状況が続く。「日本の常識は世界の非常識」という異文化性が、逆に高い評価に変わった。(人手不足から安易に移民を多数入れ、「お澄まし」が「闇鍋」にならぬよう望むところだ。勝田陶人舎・冨岡伸一)

 

© 2023 冨岡陶芸工房 勝田陶人舎