ロックアイス

もう三十年も前、日本がまだバブル前の全盛期の頃、活況に沸いていた日本はアメリカと貿易戦争を繰り広げていた。「日本アズナンバーワン」などという本も出版され、東証の株式時価総額がニューヨークのそれより遥かに上回っていたこともあった。株や土地、ゴルフ場などの価格が高騰し、含み益を抱えた個人は海外ブランド品などの高価な買い物に走った。そしてこの頃に読んだ本で、著者名は忘れたが、世界の覇権はじきに繁栄の日本から西へ移動し中国へと向かう。歴史的に見ると繁栄国は反時計回りに回っている。中国、インドから始まったその流れはローマ帝国、スペイン、イギリス、アメリカ、日本と巡り再び中国へと回帰して行のが自然!との記述があった。

今日その予言どおりネットやハイテク技術の開発競争に中国が参戦。猛烈なスピードでアメリカを超えようとしている。足元をすくわれ始めたアメリカトランプ政権が関税障壁で貿易戦争を仕掛けるも、人口に勝る中国に軍配が上がるのが歴史の必然なのかも?という思いが強い。そしてまた4半世紀も経てば、人口が爆発的に増えているインドが、やがて中国を追い越す日が来るのかもしれない。いずれにしてもいよいよアジアの世紀が始まる。しかし習近平の共産党独裁体制の中国が世界の覇権を握ると、国防や貿易で無理難題を突きつけられないか?非常に心配だ。日本独自では何も決められない、なんてことになった情けない・・・。それにしても少子化で国力の落ちてきた日本は最近、いよいよ移民を受け入れる体制を整え始めた。

昨今介護士のなり手も少なく人手が足りないという。これから高齢化社会を迎え気になる。でも我々が死ぬ頃には介護はロボットが登場するだろう?確かに人は死ぬ時は通常は誰かの手が必要だ・・・。「アイちゃん、オシメかえて!」「はーい」と二つ返事でオシメをかえてくれるロボットのアイちゃん。もう私はこの子に3年も世話になっている!「少ない遺産だけどお前に残すから、それで新しい部品を買いなさい。」「ありがとう」とアイちゃんはニコヤカにうなずいた。税収が少なくなる将来、ロボットからも所得税を徴収することになるだろう。すると当然ロボットも遺産相続などできないと取るばかりでは不公平だ。

「近未来は明るいのか?」ふと立ち止まり考える・・・。「まあどうでもいいか?」先日ウイスキーのロック用に丸い氷が作れる容器を頂いた。確かに写真のコップでのむロックは旨い気がする(千葉県八千代市勝田台、勝田陶人舎・富岡伸一)