火薬

いよいよ秋も深まり運動会のシーズンでもある。だが以前秋に行われてていた運動会が、最近では春に行われることが多くなったようだ。その理由は秋は子供達も受験をひかえ勉強に忙しい時期で、志望校などを目指し受験に集中したいということらしい。以前運動会といえば打ち上げ花火の破裂音で、朝その開催を知った。それに徒競走のスター合図に使用された火薬ピストルの破裂音も、最近音が小さくなったのか、あまり聞えてこなくなった。遠くから聞こえたスタート合図のピストル音と子供達の歓声で、運動会の熱気が伝わってきて見物へと誘われたものだ・・・。ところで近年相対的に火薬の使用が控えられるようになってきている。夏の夜も子供達との花火遊びはおろか、マッチすらもう何年も使用してない。

「今夜花火をやるから俺の家に来いよ!」まだ小学生だった夏休みの晩、子供のいる近所のどこかの家で花火を上げる。友だちからは事前に知らせを受けるが、それ以外にも遠くで花火の音が聞こえると、外に飛び出して見物にも出かけた。クーラーのない時代、花火の音を聞くと暑さも忘れ、火薬の煙で蚊もよってこない。寝苦しい夏の夜の夕涼みには最適であった。火薬といえばその頃、昼間の花火で音と爆発力の強い2B弾という危険な花火が、男の子の間で流行った事があった。この2B弾の威力は凄い!普通の花火は水に入れると消えるが、こいつは消えずに逆に爆発力を増す。石で結び池の中に投入すると、消えずに爆発してズシンと地響きがして泥が浮かんでくるヤバイ花火だ。

「すげー、こっぱ微塵に吹き飛んだぞ!」子供は残酷だ。捜してきた牛乳瓶に水を満たし蛙を入れ、2B弾を差し込み直ぐに逃げると、およそ10秒で爆発する。水の無い空では牛乳ビンは割れないが、水を満たすとあの分厚いガラスの牛乳瓶が見事に割れるので、もう面白くてしょうがなく何度も繰り返した。でもこの2B弾!とても危険ということで、ある日突然に駄菓子屋から消えた・・。最近は子供の減少などにより街がとても静かだ。大声を出す人もめっきり少なくなった。むかし平気だった遠くの人を大声で呼び止めることも今では気がひける。もし当時と同じ場所にタイムスリップしてみたどうだろう?子供達の叫び、赤ん坊の泣き声、癇癪ダマの破裂、ポンコツ車の排気音、下駄でかける足音、などなど騒音だらけだと思う。

アメリカでは銃規制が難しく、銃による犯罪が後を絶たない。トランプさんは全米ライフル協会からの支援も受けているので銃規制には反対だ。でも機関銃までが銃砲店で買えるのはもうクレイジー!(写真は日本刺繍の額、父親遺作で拡大して見てください。勝田陶人舎・冨岡伸一)

温暖化

このたびの組閣で若干38歳の小泉進次郎君が環境大臣に就任した。彼は最近滝クリとも「出来ちゃた結婚!」いよいよ準備万端、将来の首相候補としての階段を一歩一歩の上っていくことになるのか?就任早々先のニューヨーク国連本部で行なわれた「気候行動サミット」では「脱炭素社会への実現に向けて、各国と協力していきたい。」などと単純明快な英語で訴えた。彼は関東学院大学からコロンビア大学の大学院に進学し一部の口の悪い人たちから、学歴偽装などと揶揄され「まともな英語など話せるのか?だから訳の分からないセクシーなどという言葉をあの場所で使う」などとマスコミに非難されたが、流暢な英語を話す河野大臣よりも愛嬌があって良いと私は感じた。しかしこの会議ではCO2排出量の最も多い、肝心のアメリカがパリ協定からの離脱状態ではCO2削減も進まない。

もしこのままCO2が増加し温暖化が進むと、グリーンランドや南極の氷が解け海水面が上昇する。1メートル上昇するだけで南洋のさんご礁の国々やデルタ地帯のバングラディシュでは国土面積の多くを消失する。するとこれらの住民は移住先を求め、難民として海外に出る。幸い日本は地図で見ての通り、山地が多いので危機感も余りないようだ。しかし国土のほとんどが平野の国では心中おだ穏やかでない。でも考えて見れば地球規模での海水面の上昇、下降など歴史を振り返ると常に起きている。万葉の頃はここ市川も今より少し海水面が高く、真間山下まで海水が流れ込んでいた。今住んでいる私の自宅も当時はと遠浅の海で、その証拠に1メートルも掘ると貝殻が沢山出てくる。東京も丸の内から東、下町は殆んど湿地や海であった。

最近東京湾岸の埋立地には沢山のタワーマンションが建ち並ぶ!よく考えて見ればこれは非常に問題で、より危険な場所へと移動していることになる。それに一箇所に高い建物が集中すると、重さに耐え切れず地盤そのものが沈んでいくという。たとえば南極大陸では氷が積み上がり山の殆んどの部分は氷で、その重みで実際の地盤部分は海抜以下なのである。氷がとけ軽くなると徐々に地盤も上昇してくるそうだが、どのくらいの高さになるのか分からないらしい。もう40年もまえ首都を那須高原などに遷都する話しもあっが、その後頓挫した。これから国家百年の計を考えると標高が高く、より寒冷な場所への大都市の移動を本気で考える必要があるのではないかと思う。

先月千葉県では台風の直撃を受け、強風に煽られた木々の倒木により停電が長く続いた。温暖化により台風の勢力も今後増してくるという。八千代市のわが工房も森から吹き飛ばされた枝や落ち葉でご覧の通り。(CO2の排出と温暖化の因果関係はないという学者もいるのだが・・・。勝田陶人舎・冨岡伸一)

ジーンズ

最近インディゴのブルー・ジーンズを履く人がめっきり減ってきたという。さすがにジーンズが流行り始めて60年以上たつと、そろそろ飽きが来ても当然であると思う。しかしブルー・ジーンズは流行の栄枯盛衰を何度も繰り返し、すたれたと思ったらまた流行りだす、ボトムのスーパーアイテムでもある・・・。我々団塊世代はジーンズと共に育ったといってよい。記憶によればジーンズは戦後、進駐米兵が普段着として履いていた中古品を、バッタ屋が買い集め上野アメ横高架下の闇市に並べて売り始めたのが最初だ。当時のアメ横は小さな露天商が軒を連ねる闇市の名にふさわしい、いかがわしい雰囲気の界隈であった。そこでは米軍の各種放出品や密輸品、軍服などが雑多に並べられ、通常日本では手に入らないレアーな品なども買うことが出来た。

ブルー・ジーンズといえば私はずばり寺内タケシ率いるエレキバンド、ブルー・ジーンズを思いうかべる。エレキの神様と呼ばれた彼はベートーベン(運命)のクラッシクから津軽三味線のジョンガラ節まで、幅広くエレキの楽曲にアレンジし人気があった。そしてその火付け役となったのはアメリカのエレキバンド、ベンチャーズである。彼らのアップテンポで乗りの良いサウンドは日本の男の子を魅了し、エレキギターを自分も弾いて見たいと誰もがあこがれていた。私も当然エレキギターを手に入れたいと望んだが、これがとてつもなく高額!アンプとギターのセットで20万円(当時日大の入学金が20万)もしたのだ。さすがに私も父親にエレキギターを買ってくれなどと、アホなことは言いだせなかった。

「この曲を聴くと自分は元気になるという曲!誰でも2,3はあると思う。私の場合はあのエレキの名曲、軽快なベンチャーズサウンドのダイヤモンドヘッドとパイプラインである。二曲ともサーフィンの曲でダイヤモンドヘッドとはワイキキの浜辺から望める山の連なりの尖った先端部の通称で、サーフボードで沖に出てると目に飛び込んでくる。でも東に面したワイキキビーチは余り高い波はやってこない。そこで大波の来るサーフスポットはなんと言っても、オアフ島北向きの海岸地域ノースショアである。ここでは低気圧の墓場といわれるベーリング海から常時大波が届く。そしてその大波が崩れ中が空洞になると、いわゆるパイプライン状の波を形成する。この中をサーフボードに乗って入って行く・・・。でも実際に私はサーフィンの経験はない。

我々が高校時代ファッションはVANのアイビールック。憧れの三種の神器はエレキギター、サーフボード、オープンカーといわれたホンダS6だが、これすべてが高額で手が届かなかった。

すいません。私のこのブログ、都合により10月中旬まで一時お休みします!ではまた次回。(勝田陶人舎・冨岡伸一)

ホンビノス

先日ホンビノス貝のボンゴレが夕食に上がった。なんでも東京湾の浅瀬では最近アサリ、ハマグリの他にホンビノス貝が沢山採れるという。北米原産の大きなアサリのようなこの二枚貝は、貝の幼生が貿易船の船底について日本にやって来たらしい。だが最初ただの厄介者として敬遠されていたこの貝も、数が増えるにつれて食材として注目されるようになる。アサリより肉厚のその身はハマグリのような香りはないが、味はまずくない・・・。私は二枚貝では赤貝が好きだが二枚貝も種類は多く、なかには真珠をとるアコヤ貝のように食用に向かぬが、貝殻の内側が虹色に輝く非常に美しい貝もある。そこで太古にはこれらが物々交換の代わりに、貨幣のとして代用されたのもうなずける。確かに貨幣の貨の字は貝が化けると書く。

ちかごろ「貨幣って、一体なんだ!」と考えることがある。貨幣は初め美しい石や貝殻などが代用されていたが、そのご金、銀,銅などのメタルにと変わる。とりあえず一番美しく産出量の少ない金の価値が高く、銀、銅へと続いた。そしてこれらはある時コインに加工され、世の中に流通し始める。そして次にメタルは重いので、いつでもコインと変えられる借用書の形で紙幣が発行された・・・。ここまでは、ジジイの私でも理解できるが近世になり銀行が設立されると、貨幣は通帳の中に記載される数字の羅列に化ける。(桁数が多いほうが高額なのだが、実際には百万円の札束など最近ほとんど目にしない)お互いの口座に数字だけが瞬時に飛び交い決済は完了する。実際に世間で流通している通貨の十分の一しか紙幣の発行量はなく、もし皆さんが通帳の金額をすべて現金に変えてたら、すぐに紙幣は枯渇する。

最近ビットコインがニュースになることが多い。「ビットコインて一体何者だ。」話には聞くがこの実体がよく分からない。それは当然で実体がないから仮想通貨と呼ばれているらしい。何でもインターネット上での電子決済に使われているそうで、パソコンやスマホの中で流通するという。ブロックチェーンとも呼ばれるこのシステムはデータベースが一元管理でなく、各自のパソコンやスマホの中にデータが共有されるので、改ざんが難しく安全という。クリプトカレンシーとも呼ばれる仮想通貨は紙の預金通帳すらないのである。もしパソコンやスマホからデーターが消えたら虎の子を全部失うのか・・・?いや大丈夫!自分のパソコンのデータが消えても、他者のパソコンやスマホにデータが残るから問題ないというのだが。

でももし太陽の黒点が活発になり、強力な磁気嵐が吹き大規模な通信障害が長期に起きて貴重なデータが消えたら、証拠がないので俺の仮想通貨の100億も一瞬にして水の泡になる!どうせ仮想なら持っているつもりでデカク行こう。(勝田陶人舎・冨岡伸一)

シベリヤ

「冷蔵庫にシベリヤが入っているわよ。」という女房の声に促されて扉を開けると、「あれー、これがシベリヤか?」見るとシベリヤがロール状になっている。子供のころ良く食べたヤマザキのシベリヤは、確かカステラと羊羹がサンドウィッチ状で、四角か三角に切ってあったはず!初めて目にするその形にまずは戸惑う・・・。封を切り久しぶりに一口噛み締めると、子供の頃の記憶がよみがえった。当時シベリヤはまだ庶民にとっては高級品で、来客時に供される程度であった。カステラと羊羹の組み合わせのシベリヤ作りは手間がかかる。シベリヤを売るパン屋は市川では地元のヤマザキぐらいで、個人経営のパン屋などではあつかっていなかったと思う。そのヤマザキでも各種菓子パンと違い、シベリヤは一段格上で奥のガラスケースの中に置かれていた。「シベリヤかあ、旨そうだ!」それを横目で睨みアンパンなどを食べていた。

でもこの菓子のシベリヤという名が不自然だ。そこで調べて見ると起源は大正時代で日露戦争にちなんだという説、平行にどこまでも走るシベリヤ鉄道の線路に見立てた、シベリヤ大地の永久凍土と表土の層などを諸説あるそうである。当時はまだカステラも羊羹も菓子として高級品で人気があり、旨いこの二つを同時に食べたいという発想も当然わく、シベリヤを最初に創作した人は相当グルメだったに相違ない・・・。その他アンコとカステラとの組み合わせで、シベリヤに良く似た菓子にドラヤキがある。シベリヤと違いドラヤキは今だに人気があるが、ではどちらが先に考案されたのか?ドラヤキの歴史を聞いて驚いた!はっきりはしないが約800年も前からあるそうだ。源義経一行が奥州に逃れる際、立ち寄った民家で食したという記述もあるという。

好き物を同時に食べたいという思い!若いころ食堂に入りメニューを眺めてカツにしようか?カレーにしようか?迷うことがあった。自分がカツをオーダー、連れがカレーライスを注文、そして運ばれてきた皿を比較して「ああやっぱり、俺もカレーにすればよかった。」なんて後悔の念。どういうわけか相手の皿の方が旨そうにみえる。でも最近はそんな迷い人のためにカツカレーなどがある。ところが歳を重ね小食になると、好きな物のダブルメニューが負担になってきて完食できない。カツカレーをご飯少なめでオーダーすれど、それでも量が多く食べきれない。残すのも悪いので最近ではカツの量も半分に注文・・・。いっそうのことお子様ランチならぬシニアランチを作ってほしい。70歳以上限定で量は半分、価格は70パーセント。極楽浄土にちなんで極楽ランチ!受けるかも。

団塊世代も70を過ぎシニア世代が爆発的に増える。この市場を狙いきめ細かいニーズの堀お越しも必要なのでは。(勝田陶人舎・冨岡伸一)