ゴーダチーズ

もう半世紀程も前の事、一人でヨーロッパを放浪する私に男が近づいてきた。「お前は日本人か?」そうだと答えると、「俺は日本人が大嫌いだ!」といきなりきた。失礼なやつだなあと、ムッとする私に「日本人は我々からインドネシアの領土を奪った。」と続けたのだ。オランダ人だと名乗る男は、先の大東亜戦争のことを言っているようであった。当時世界は殆んどが欧米列強の植民地で独立国は日本、タイ、トルコのたった三カ国しかなかったのである。明治維新によりかろうじて植民地支配を免れた日本は富国強兵のもと、国力を増強すると植民地支配に苦しむ近隣のアジア諸国に、民族解放の手を差し伸べることになる。そしてインドネシアにも進軍し植民地支配するオランダ人を追い出した。(どうも彼は誇るべき日本人のこの行為を根に持っているらしかった)

そして日本が戦争に負け軍隊を引き上げると、オランダは再度インドネシアに軍隊を送り植民地支配を敢行する。しかし一部の日本兵は現地に留まりインドネシア人と一緒に戦い、紆余曲折のすえ独立を勝ち取ったのだ。この時先頭に立って戦ったのが、インドネシア建国の父と呼ばれたスカルノ大統領である。親日家の彼は戦後も度々日本を訪れており親交は続く。そして当時インドネシアへの開発援助に伴い貿易会社の秘書という名目で、スカルノのもとへ送り込まれた女性がいた。彼女は赤坂のクラブホステスだったが、後に第三夫人となる。(インドネシアはイスラム教なので妻は三人までオーケー、でも実際には第三婦人は彼女の他にもいたそうだ)名は通称デヴィ夫人。その後スカルノ大統領が求心力を失いスハルトに後継を譲ると、彼女は日本に帰国しタレントとして現在も活躍中。

今年もまた終戦記念日の暑い8月がやってきた。無条件降伏をした日本は戦後アメリカ統治により、太平洋戦争はすべて日本軍部の悪行が招いた結果と、徹底的にプロパガンダされてきた。戦後われわれの受けた歴史教育では、日本人の卑怯な真珠湾奇襲により戦争は始まったとされるが、実際にはそれ以前に日米はすでに一部開戦していた。戦争に勝ってその国に侵攻し言論統制をすれば歴史を改ざんすることなど意ともたやすい!そしてそれが継続されれば真実へと変わる。戦後も70数年経過した「我々日本人がすべて悪うございましたという一億総懺悔!」でも日本はアジアにとって良い事もたくさんしている。そろそろ冷静に大東亜戦争の光と影を徹底検証し、正確な歴史認識に立ち戻る必要もあるのでは。

「シンゾウの親父は特攻隊の生き残りだったのか?ところで彼らは出撃の時は恐怖で酒や麻薬を飲んで行ったんだろうな!」「いや違う、愛国のためにシラフで命を捨てた!」と安部さんが答えるとトランプさんは痛く感激していたそうだ。(オランダといえばゴーダチーズ。勝田陶人舎・冨岡伸一)

木の葉

これは私が子どもの頃、近所の友だちから聞いた不思議な話。「あれー、おかしいなあ?また同じ場所へでたぞ、これで三度目だ!帰り道が分からないどうしよう。」立ち止まり思案していると、一匹の狐が前方を通り過ぎて行ったという。「そうか?こいつの仕業か?」思い直し意識をはっきりと森の道を進むと、今度は開けた場所に出られたという。「狐は人を化かすから、お前も気をつけろよ。」と彼は父親から真顔で告げられたという。「そうか、狐は本当に人を化かすのか・・・?」われわれが子供の頃(狐に化かされた)というこのフレーズは失敗などの言い訳に、日常よく使われていた言葉である。しかし文献などによれば、1965年以降はパッタリ使われなくなったという。合理的に物事を考えることが庶民にも浸透すると、迷信として葬りさられていったようだ。

キツネは人を化かす事が得意だが、イリュージョンを巧みに操るタヌキも偉大な魔術師だった。日頃世話になる和尚のために木の葉を金に変え、子供に化け酒を買ってくる。「狸はすげえ、俺も木の葉を金にできれば自転車買えるのに。」とこの時タヌキにあこがれた・・・。話は変わるが先日あのフェースブックの社長ザッカーバーグが、フェースブックのユーザーなら世界中どこでも使えるリブラという、仮想通貨の普及を呼びかけた。ところが各国の中央銀行からの猛反対で頓挫した。「そりゃそうだ!」紙切れを輪転機の中で魔法をかけると、あっという間に紙幣に変身!タヌキの木の葉と代わらない夢のシステム、国が手放すわけがない。実は我々も国に騙され、タダの紙切れをお金と信じて使っているのかも?

「突然ですが今お金が病気!それも悪性の血液の病です。」お金は社会の血液というが、各国こぞって安易に紙幣や国債を大量に発行し続けたために血管に詰まって、随所で梗塞しているらしい。このままでは突然死は免れないというが、特効薬はすでに無い。「だから言ったじゃん、紙幣もタヌキの木の葉と同じで刷り過ぎると、いつかタダの紙切れだとバレル時が来るって!」そして数年後に通貨の問題で世界はヤバイことになる・・・。代わりに通貨は紙からビットコインなど実体の無いデジタル通貨となり、スマホやカードで簡単に決済が完了し紙幣も消える。「ホールドアップ」と赤いスカーフで口元を隠し拳銃を手に押し入り、銀行から紙幣を奪う。昔映画のこんなシーンも懐かしい。今では銀行強盗も静かな場所でコーヒーを飲み、キーボードを叩けばスマートに完了だ。

先日セブンイレブンがセブンペイなる電子マネーでの決済を始めたが、数日でハッキングにあいデーターの金を抜かれ取りやめた。お粗末!やはり通貨は金貨が一番安全とタヌキも言っている!(勝田陶人舎・冨岡伸一)

チマキ

・・・何度か機首を左右に振る。「おー、やばい高層住宅にクラッシュか!」と思わず肘掛をつかむ。瞬間飛行機は大きく左に旋回し難をのがれた。林立するビルとの距離は、ベランダで憩う人たちの姿がはっきりと手に取るように見えるほど。そして高度はグーンと下がり両側に見えるビルが後方にすっ飛び、あっという間に海に浮かぶ狭い飛行場の滑走路に、ドーンという振動と共に滑り込んで行った。「うー、怖えー、なんでこんな場所に飛行場なんか作るんだよ。事故がない方が不思議だ。」と思ったが土地の無い香港ではしかたない。当時まだ香港はイギリスの植民地であり共産中国から人々の流入も多く、人口過多で早くから高層住宅の建設が盛んであった・・・。でもそのあと香港が中国に返還されると、この危険な飛行場は新しく作られた別の広い場所へと移っていった。

今日テレビを見ていると香港飛行場がゼネストのため、すべての航空便が欠航となっている映像が流れる。ロビーではたくさんの旅行者でごった返すが直ぐの再開は難しそうだ。原因は香港のキャリー・ラム行政長官が、先に提出した香港から中国本土への容疑者引渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の施行だという。そこで数ヶ月前よりこれに反対する香港市民が立ち上がり、週末に大規模デモを繰り返すようになった。そしてこのデモがエスカレートし、空港封鎖に及んだようだ。そもそも20年前に香港が中国側に返還されたとき、50年間は香港の自治を尊重し「一国二制度」で行くという条約を英国との間で批准しているはずなのだが、中国も韓国と同じく約束は守らない。

香港デモは米中代理戦争の様相だ。これだけの組織的大規模デモを行なうには金もかかるという。その金はどうもアメリカCIAから流れている情報もある。工作員も多数潜入しデモを煽っていると中国は主張する。一方このデモを妨害し白服を着て参加者を棒で叩くのは、中国政府に金で雇われた地元犯罪組織(三合会)であるという。いずれにしても香港住民も必死で抵抗しないと大変なことになる。共産中国の弾圧から逃げてきた人も多く、独裁国家の怖さを身にしみて知っているはずだ!金持ちはカナダやオーストラリアなど海外にとっくに逃げ出し、金の無い一般人だけが残っている。でもある日突然香港に戒厳令がひかれ共産軍がなだれ込むと万事休す。「可哀そうだが、ジャ、チャン!」首謀者が逮捕され終わる。

でも共産中国の香港占拠は多大なリスクも伴う。外国人や金融会社が去り一瞬にしてアジアの金融センターが崩壊し、中国と世界のマネーの仲介基地を失う。(香港名物はチマキですか?勝田陶人舎・冨岡伸一)

カクテキ

日本語には(嘘も方便!)という言葉がある。嘘つくことは良くないが、物事を円滑に進めるために時には嘘も許されるという意味だが、日本人の人間関係は元来お互いの暗黙の信頼で成りたつため、親からは絶対に嘘はつくなと子供の頃から戒められて育つ。でもこれは必ずしも人類共通の常識ではない。「だませれるあんたが悪い!」と嘘を肯定し、騙されないための教育する民族も多い。「白人嘘つく、インデアン嘘つかない!」むかし西部劇映画を見ていると、アッパッチなどアメリカインディアンと白人が領土交渉などするが、この約束をことごとく白人は反故にする。怒ったインディアンは弓矢で戦いを挑むのだが、武器にまさる白人に皆殺しにされる。白人によって作られたこれら映画はいつもインディアンが悪く描かれ、「ジョン・ウェイン、かっこいい!]で終了した。

嘘をつかず騙されて亡びたアメリカインディアンと、嘘をつくことがきらいな日本人の祖先が同じではないか?という人もいるが確かに一理ある・・・。いよいよ大変な時代がやってきた。「日本と韓国が断交するのでは?」慰安婦や徴用工など反日のために嘘で捏造された問題の追求と、理不尽な謝罪要求についに日本が切れて制裁を加え始めた。きっかけは日本を今だに社会主義国家に導きたいと画策する朝日新聞の嘘の慰安婦報道に始まるので、火種は日本側が作ったとも言えなくない。「嘘も百回繰り返せば真実になる」韓国にはこんな格言あるという。こちらが根負けしあきらめると知らぬ間に嘘が真実に化け、あちらが正しいことになる。こうして彼らは歴史まで改ざんし韓流ドラマで美化する。

「南北朝鮮の統一による輝く高麗王朝の実現を!」文在虎は北朝鮮金正恩の国家体制に統合されてでも、南北統一を実現したいと考えているようだ。文在虎は彼自身、北朝鮮にルーツを持ち極左的思考が強い。民主主義より共産主義独裁国家のほうが理想らしい。確かに大陸や半島の人々は自己主張が強いので民主主義では国家体制の維持が難しいのかも?とりあえず選挙で選ばれた大統領も任期後は必ず監獄送りだ・・・。ところでいよいよ在韓米軍も韓国から撤退する準備を始めているらしい。感情的に反日を叫び、踊らされている韓国民は気の毒だ。もうすでに37度線非武装地帯の警備は殆んど行なっていないという。気がついてみたらある日突然、文在虎が北朝鮮兵士を招き入れるかも?そしてあわてた韓国民が日本にドッと押し寄せる。

こんなシナリオあって欲しくないと思うが文在虎の反日に乗り現実から目を背けると、自由や人権を突然失うこともある。韓国の皆さん香港を見習い、そろそろ目を覚ましたほうが良いですよ。(キムチは嫌いだが大根のカクテキならビールに合う。勝田陶人舎・冨岡伸一)

モグラ

さて今朝はどんなテーマで書こうか?思案していると突然グラグラっときた、が直ぐに収まる。「地震、雷、火事、親父!」日常生活において、怖いものを羅列した言葉がある。でも最近親父は怖い存在から完全に脱落したので、それに伴ってこの言葉も殆んど使用されなくなった。この中でも特に恐ろしいのは地震ではないだろうか?近年懸念されているのが、関東から九州にいたる太平洋岸で発生が予言される南海トラフの大地震であろう。太平洋プレートの沈み込みにより数百年に一度発生するこの大規模地震は、10メートル超の津波を伴う。太平洋沿岸の人口密度の高い地帯で発生するため、半数の日本人がなんらかの被害を受けるという。水の持つエネルギーは凄まじい。一瞬にして全てを失いその日から人生が変わる。ところが地理的に近い中国大陸沿岸部では殆んど地震はないと、人々は安心しきっている。

でも最近この中国で不気味な話が囁かれていると聞く。「あの巨大な三峡ダムが決壊するのでは?」宇宙から撮影するグーグル写真でダムの完成時と現在とを比べると、ダム堤防の数ヶ所が水圧で外側に明らかに湾曲している。でもこの事実、政府はいっさい問題にしないらしい。公には「宇宙空間からの撮影なのでカメラレンズの歪みであろう?」と否定する。でも長江(揚子江)を上流で堰き止めたこのダムは日本のダムとは規模がちがう。もし決壊したら下流には上海、武漢、南京など川沿いの大都市の多くが水没し多大な被害をもたらす・・・。そもそもこのダム建設には共産党員の利権が絡み、「危険だからやめとけ!」という知識人の意見を無視し強引に進めた経緯がある。そして初期段階から汚職や手抜き工事などがはびこり、設計どうり基礎工事が行なわれたかは疑わしいという。

ところで私の工房の敷地には手抜き工事など決してしない、穴掘り名人が住んでいる。でも残念なことに彼との面識はまだない。仕事がはかどっているらしく、所どころ土が盛りあがる。俺に断りもなしに勝手にインフラ工事などしやがってと、ムクムク悪戯心がわいてきた。「よーし、このモグラ野郎、溺れさせてやる!」と意気みスコップ片手に盛り土を除くと横穴が現れた。そこにホースを差し込み蛇口をひねる。しかし20分以上水を流し続けてもいっこうにあふれる気配が無い。いったいこの大量な水はどこに消えたのか?水がもったいないのであきらめた。やはりモグラは人と違って排水工事は完璧だった・・・。でもこのモグラが河川の堤防に住みつき仕事に精を出すと堤防は穴だらけ、水量が増すと簡単にそこから堤防が決壊し水害になるという。

今年もいよいよ台風シーズンがやってきた。「津波、台風、ダム、モグラ!」水害をもたらす現代の脅威に気をつけよう。(勝田陶人舎・冨岡伸一)