銀杏

工房のある勝田台団地のバス通りには、大きな銀杏並木がある。毎年この時期になると黄色く綺麗に紅葉する。眺めているには良いのだが、落ち葉を片付ける近隣の住民は大変だ。

この団地も高齢化が進み、皆さん掃除に苦労している。そこで去年この銀杏の木を大胆に剪定した。剪定というより幹の半分を伐採したのだが、銀杏の木は生命力が強く、一年でまた大きく枝を伸ばした。しかしさすがに今年はギンナンの実はつけていない。

私はギンナンが好物だ。あの少しほろ苦い味は酒の肴にも良く合うが、一番はやはり茶碗蒸しであろう。

茶碗蒸しはけっこう作るのが難しい。卵とダシの割合、最適な蒸し時間。ちょっと間違えると上手くできない。焼きプリンのように硬いのはいただけないし、卵が少ないと固まらない。卵は良くかき回しコシキで卵の目を取り、なめらかにするとよいという。

卵のカラザ(目)は昔なんの料理でも必ず取り除いていた。なんでだか良く分からないが、我が家では取っていたのだ。カラザを取るのはとても難しい。箸が上手く使えないとなかなか取れない。今はカラザは栄養価が高いと分かり取らなくなった。

ただ茶碗蒸しや、卵焼きは取らないとだめだ。カラザは卵をかき回しても混ざらないので、その部分だけ白く残り見ためが良くない。

皆さんのご家庭でも以前はカラザを必ず取っていましたか?

 

“銀杏” への1件の返信

  1. 先日、勝田台の工房(陶芸教室)の帰り道、行きはバスのため景色に目を奪われ気づかなかったたくさんの銀杏の落ち葉、近所の奥様が落葉拾いのお掃除中、「ご苦労様です」と声かけしました。道路沿いの木々の下にはそれぞれひとつひとつビニール袋(ゴミ回収)に回収した落葉が置いてありました。各家々の人達が皆で協力しているであろうこの並木道、外気の肌寒さとは逆に心は少し温かくなりました。今晩は自宅庭の柚子皮を刻んで茶碗蒸しをいただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です