宮古島

沖縄本島のさらに南、そこには美しい白いサンゴの砂浜を持つ宮古島という島がある。私も一度訪れてみたいと思っている場所のひとつだが、今この島民の間でブルー・サーズディ(木曜日のゆうつ)という言葉が囁かれているという報道をテレビで見た。人口5万余りの静かな南国のこの島に、毎週木曜日になると中国大陸から巨大なクルーズ船が、3千人もの観光客を運んでくる。ふつう外国人がやってくれば町は観光収入で潤い大歓迎なはずだが、どうもそうではないらしい。なにしろ中国人はマナーが悪い!食べ物の包みやペットボトルのゴミなど散らかし放題で、あげくのはては海岸で用をたす人もでる始末。彼らが帰った後は清掃が大変だと嘆いていた。

宮古島では最近地価が高騰しているという。特に海岸付近ではホテル建設用の好立地が高値で取引されている。そこで大規模なリゾート開発に従事する多くの労働者も島に流入し、宿舎としての借家の賃貸料はうなぎ登りで、元からの島民は困っているという。でも大陸から近いこの島にホテルがたくさん出来るのも心配だ。今まで以上に中国人観光客が押し寄せてきてこの島を席巻し、土地を買い占めここは中国領土だと主張しかねない。そのためには中国人は日本の土地を買えない法整備が必要である。中国では土地は国家の所有で、中国人はもちろん外国人も一坪たりとも使用権以外土地は買えない。中国人は日本の土地を購入できるが、日本人は中国の土地購入が出来ない。これはでは明らかに不平等である!

先日もこのブログで書いたが、いま日本では九州に相当する面積の土地が所有権放棄されているという。一部ではもう始まっているが、これら買い手の付かないタダ同然の土地を、密かに中国人に買い占められたらどうする?法律を作り適用しても所有権が確立していればタダではとりかえせない。買い戻すために法外な値段を吹きかけられることもある。長い間島国だった日本人は和気藹々と暮らしてきて、大陸の住民の狡猾さがほとんど理解できない。昔ある人が私に「人間ずるくないと、人のずるさが分からない!」と教えてくれたことがある。騙されるほうが悪いと平然と言える人達と、いかに共存していくのか?日本人の情念を捨てたくないと願う人達にとって、未来は決して平坦ではない。

イギリスではEU離脱の是非を問う選挙が行なわれ保守党が圧勝した。国境を開き人が自由に定住できると、他民族、多文化が混在し国が乱れる。

(勝田陶人舎・冨岡伸一)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です