抹茶碗

「抹茶碗の姿は人格の反映です!」と陶芸を始めた40才の頃、弟子入りした先生に私が抹茶碗を作ってみたいと軽く言い放った時に、返された言葉だった。その時は別段その言葉の意味するところを、深く考えることもなかったが、最近になってはっきりと理解することが出来るようになってきてた。抹茶碗の難しさはその形が真円などの定型でないところと、釉薬のかかりも一定でなくあえて斑などを引き出すところにあると思う。しかし作為的に形を変形させたり、奇をてらって釉掛けすると、はなはだ陳腐なものとなる。

長く作陶をしていれば形などをある程度真似するのはできる。でも作為の手を感じた器は自然体でないので眺めているとじきに飽きてくる。それには無念無想、自然と一体になってそれに溶け込む自分を感じることが重要である。貪欲に手当たりしだい喰らいつき、エネルギーを発散し続け前進している若いうちは、抹茶碗などに手を染めないほうが良い。陶芸でもエネルギーが必要なテーマはいくらでもある。「抹茶碗は人生のたそがれ時こそお似合いだ!」発散し続けたエネルギーが枯渇し、浄化された頃合いが抹茶碗の作り時だと私は理解する。

グイノミは抹茶碗のミニサイズだと理解すればよい。この製作にも故意による作為は禁物である。自然を眺め天空に広がる宇宙と一体になったと感じた時。粘土を触る自分の手はもはや自身ものではない。インスピレーションによる物作りとはそのようなものだと感じている。こう考えると自身が死を向かえ、土に帰る最後の作品がベストになると仮定する。いや、あえてそう考えるべきだ。歳を重ねることは全てがマイナスの要素ばかりではない。勢いのある若い時には出せない奥深い感性や積み上げた技もある。

写真は普通に釉薬をかけたが、焼成中に自然にはじけてマダラ模様となる。自分の意思とは離れたところで、抹茶碗が仕上がる。それを愛でる心が日本人の美意識だと思う。(勝田陶人舎・冨岡伸一)

 

“抹茶碗” への4件の返信

  1. 着物好きの自分としては、掲載されている抹茶碗を拝見し文章を読みすすむと、同じ糸に同じ染料や同じ媒染を施しても、人・場所・季節・時刻によって色味が違うといわれる草木染の奥深さが連想されます。
    泥染めでは八丈島、奄美大島、久米島が有名です。しかし、黒色・茶褐色がそれぞれ違います。
    今、在る着物を紹介します。
    (ユウナの草木染)銀鼠の地色で、柄色には(グールの根)に土泥(銅・鉄)媒染の黒茶褐色です。染から織まで一人作業の久米島紬です。
    この着物を纏って一服いただきたくなっています。

    1. コメントありがとうございます。お体の具合はいかがですか?ワクチン接種までもう一息耐えましょう。

      1. 実は、冨岡さんの経験談が頭をよぎり、町医者で健康診断。レントゲンで「肺にくもりあり・肺がんの恐れ」と言われ、翌日には病院でCTを撮り、合わせて今日結果が出ました。「表面の薄い影はあるが肺がんの恐れは無し」、「コロナ感染の肺炎でも無し」、「腸にもがんの恐れ無し」でした。あとは、生活習慣病・糖尿病の改善ということになりました。

        ご心配をおかけしました。お気遣いいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です