紫蘇

「ウォー、凄い!」突然の物音に驚いて、高い梢に止まっていたたくさんのオオカバマダラ蝶が一斉に飛び立った。「こんな光景みたことがない!いったい何万匹ぐらいいるのだろうか?」いずれにしても凄い数だ。(実際にオオカバマダラを見たわけではないが、その蝶はメキシコのミチョアカン州の一箇所に集まって越冬する。)この時蝶たちの羽ばたきにより風が起きた。この僅かな微風が周りの空気に伝わり、それまでとは違った風の動きを作り出す。そして徐々に大きなうねりとなって気象に変化をもたらすと言う。これをカオス理論といい、取るに足りない最初のほんの微細な出来事が、その後全体を揺るがすような大きな出来事に発展していく原動力になるという。だから気象、経済、人生などもなかなか予測が難しく混沌(カオス)としている。

人生でも「もしあの人と、偶然あそこで会わなかったら自分の人生は、全く違った方向に向いていたのではないか?」と思うことが誰も一生のうちに何度かは経験していると思う。この出会いは必ずしも、よい出会いばかりではないのだが!半年ほど前オウム真理教の麻原初め実行犯が処刑されたが、その死刑囚の一人が「自分は何故あんなことをしてしまったのかが分からない」と語っていた。多分大学などで、信者に軽く入会を勧誘された程度の事が始まりだったと思う。それが麻原と知り合い邪悪な深みにどんどんと落ていき、社会を揺るがす大事件の首謀者になってしまう。本当に人の出会いとは恐ろしい。

しかしもしその人に正常な判断力や思考力が備わっていれば、すぐに麻原の魂胆を見抜いて、入会する前に去って行くことも出来た。知らぬ間にズルズルと引きずられて、一部の若者は判断力を失った・・・。良い縁を人と持ちたいと思ったら、まず自分の立ち位置や心がけが大切である。人を上手く利用してなんとかよくなりたい!などと邪悪な欲を持つとろくなことが無い。同じような人種が集まり自分が食われる・・・。「人は匂いで嗅ぎ分ける!」香りの良い人は自分を幸せな気分にしてくれるが、うさん臭い人はどこか異臭がするものだ。でも歳をとると臭覚もにぶり鈍感になる。「臭覚を鍛えましょう。」正当な臭覚を持ってればオレオレ詐欺にもかからないですむ。

香りといえばシソの香りも良い。植えた覚えもないシソの様な植物が紅葉した。(千葉県八千代市勝田台、勝田陶人舎・冨岡伸一)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です