大麻

先日伊豆半島の下田に近い海岸で不審船が手入れを受け、中国人の男7人が逮捕された。船の中からは大量の覚醒剤が発見されたのだが、この量が物凄い!なんと合計1トンで末端価格では600億円にもなると言う。このように最近では中国から大量に覚醒剤が密輸され日本を侵食している。先日アメリカでもトランプ大統領が演説の中で、中国からの大量の覚醒剤流入について言及していた。アメリカではいま都市部では多くの麻薬常用者がいて、大きな社会問題になっている。昼間から仕事もせずに道路に座り込み注射針を腕に刺す。廃人同様になった人々は拳銃を使用し、殺人なども起こすこともある。アメリカは広いのでメキシコからはヘロイン、太平洋側は中国からの覚醒剤と麻薬の流入を防ぐのも大変だ。

中国は今日本やアメリカに大量に覚醒剤を持ち込み、常用者を増やして社会の底辺から薬漬けにし、国家の滅亡を画策しているのでは?という空言も百パーセント否定できない。ご存知のように中国は1840年から2年間イギリスとの間でアヘン戦争を戦っている。イギリスの東インド会社は当時イギリス国内で広まった紅茶を飲む人の増加で、中国からの沢山の茶葉の輸入が必要だった。しかし中国へは綿織物以外に輸出するものがない。そこで片貿易を是正するために、インド産のアヘンを密輸し銀を回収するという暴挙にでる。その結果多くの中国人が麻薬患者にされ、これに怒った清朝はイギリスと開戦したが、敗れて香港などを割譲させられる。

このようにイギリスは中国に対して歴史的に大変な悪行を行使してきたにもかかわらず、なぜかイギリスを非難する論調が殆んど出ない。ところがわが国に対しては南京虐殺など、ありもしない架空の事件をでっち上げ反日を叫ぶ。だったらもっと強く反英を訴え、エリザベス女王に謝罪要求したらどうだ!韓国も同じ、日本より中国の方が何十倍も朝鮮を侵略している。「天皇に謝罪を叫ぶ前に習近平に要求してみたら」でも不思議なことに反中など殆んど言わないで、借りてきた猫のようにおとなしい。軍隊や核兵器を持たない日本など怒らせったってなんの害もないと考えているのか?でも彼らにバカにされても平和であることの方が尊いのだろう。

いま巷で薬物の乱用が増え芸能人なども度々検挙されている。しかしカナダでは大麻が合法化された。チョコレートなどをオミヤゲに買うと大麻が入っていることがあるという。国境の壁は高くし薬物の乱入などを阻止するべきだ。(千葉県八千代市勝田台、勝田陶人舎・冨岡伸一)