茶飲み話・割烹着

私が子供の頃、我が家の隣家の空き地には周辺の家で使用する共同井戸があった。そこでは洗濯や食器洗いなどをする主婦達が集い、井戸端会議の場ともなっていたのだ。まだ食糧難ころで、米の配給など食べ物のことなどが主婦達の主な話題であったと思う。「貧乏人は麦を食え」これは1950年に時の大蔵大臣池田勇人の発言だとされるが、いまこんなこと正直に上から目線で発言したらとんでもないことになる。

「米穀通帳をご存知ですか?」当時米を買うと通帳に記載され、金があっても一家族で決められた量しか購入することが出来なかった。なので食べ盛りの子供が多い家庭は三度の食事にも苦労した。そのころの主婦達の定番衣装は、カスリのモンペに白の割烹着。これで近所の八百屋や魚屋などに、手編みの買い物籠をぶら下げ食材などを買いに出かけた。最近ではビニール袋が有料になると、事前にシッピングバックを持参するようだが、エコを理由にこんなものケチって実際に効果があるのか?はなはだ疑問でもある。

井戸端会議といえば、今は一番先に思い浮かぶのがLINEである。親戚縁者や同窓生などでグループを組み、現況を伝え合う。住んでいる場所は選ばないので非常に便利だと思うが、グループの人数が多いと頻繁に着信音がなるので面倒でもある。しかし常にお互い情報共有できるので、チャットの相手が身近にいなくてもすむ。「俺はラインなどしない」とかたくなに拒否していると、寂しい老後を送ることになるかも。

現代人の井戸端会議はどんどん進化する。でもズームなど映像をともなったリモート会議はすでにあるので、次は仮想空間でお互い出合えるような研究も行なわれている。顔にはゴーグルをかけ、手には特殊なグローブをつけると、対象物の触覚まで感じることが出来るようになるらしい。脳に残る記憶などを呼び出し、死んだ親とも世間話できるという夢物語すらある。

「どうだ、元気にやっているか」。突然、だいぶ前に死んだはずの父親の声にビックリ!どうも俺は三途の川を越えたらい。そろそろお迎えが来ても不思議ではない歳だが、先ほどまでは確か元気であったはず・・・。我々凡人が何も知らないうちに、科学技術は危険な領域まで加速度的に変化していく。

(八年前に楽しみながら作った自宅の坪庭。パズルのように石を配置するのが面白かった。勝田陶人舎・冨岡伸一)

 

© 2022 冨岡陶芸工房 勝田陶人舎