“投資” への2件の返信

  1.  日本人の個人金融資産を大手外国人企業投資家に奪われる政策(日本売り)の支援を、岸田首相が英国まで行ってお願いするとは信じられないというか驚きです。政府の代表者である首相が(グローバリストの手先である)日本の財務省スポークスマンに成り下がっています。
     大金持ちは、ダイヤモンドへの投資をし何時でも国外に持って逃げられる準備をしているとのこと。年配者の小金持ちの間では、株式投資などは履歴が残るのでほどほどにし、贈与税がらみで”新たなタンス預金の復活”安全な現金保管方法が採用されているそうです。
     アメリカ合衆国はもとより、日本国(政府・政治家)に日本人を守ってくれないことを見せつけられた現状では、国民が立ち上がらないと致し方ないのかもしれません。そのような状況下で、7月参議院選挙の結果がどう出るのかが注目されます。

    素敵な抹茶碗で実物を拝見したいと思いました。一服いただきたく成りました。

    1. 確かに今のウクライナの問題にしても、影で戦争継続を望むアメリカの軍産複合体やジョージ・ソロスを中心とする国際金融資本。ゼレンスキーはウクライナ市民の正義の味方の報道を繰り返す日本のマスコミ。もう何を信じてよいのやら?です。
      投資の教育を高校生に教えるのも良いが、欧米の巨大な投資ファンドの意のままに株価操作されている現状では、ほとんどの個人は彼らに資金を吸い取られるだけだ。ヘッジフンドなどの空売り規制など、大胆な改革をしないと日経平均の上昇など期待できないです。

      月、火、金曜日は基本自宅にいますので、お気軽にお越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。