パンプス

最近パンプスを履く女性が少なくなってきた。電車の中で座席に腰掛け足元を見ていると、殆どの女性がスニーカーやウオーキングシューズをはいている。ファションのカジュアル化に伴い、スーツを着なくなったからなのか?歩きにくいのが原因なのか?いろいろあるだろうが、時にはパンプスを履いて颯爽と歩く女性の姿を眺めるのも悪くない。

いま中高年女性の多くが、外反母趾に悩んでいる。男性には殆どないので、パンプスを履いてきたことが原因なのは明らかだ。特につま先の尖ったナロートウのパンプスは、締め付けるので外反母趾になりやすい。

かってはファッショナブルな女を演出するために、女性達は努力を重ねた。外反母趾はその勲章だとは言わないが、足はその人のおしゃれの、記録でもあると思う。でも今の若い女性は、流行にすぐ飛びつく意識は昔ほど強くない。

ところでトランプさんの奥さんのメラニヤ婦人はいつ見ても、ピンヒールでつま先の尖った高寸のパンプスを履いている。モデルだったので、これが良く似合う。イギリスのメイ首相も高寸のパンプスをいつも履いている。欧米の女性は合理的なのでパンプスなどもうとっくに履かなくなったと思っていたが、上流階級ではそうでもないらしい。

アメリカでは男が出世して金持ちになると、糟糠の妻とはたいてい離婚する。そして若く美人の女性と再婚し皆に誇るのだが、この若くて美人の妻をトロフィーワイフというそうだ。出世した証にもらう優勝カップにたとえて。トランプさん、あなたも大金持ちになり優勝カップも取ったのだから、もっと謙虚になり周りの人々をあまり中傷せず、頑張ってください。世界平和はあなたの肩に、かかっているのです。

写真は婦人靴の作り方で、粘土で自作した陶の靴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です