県展

いよいよ今年も終わりますね。季節の巡りは早いもで、あっという間の一年でした。工房でも良いこと悪いこといろいろありましたが、良いことの一つに、わが工房の会員、川久保洋さんが千葉県展に初入選したことでした。去年からトライしていましたが、最初の作品は素焼きに時に破裂、二度目は本焼きでひびが大きく入り失敗。三度目の今年、本焼きの焼成温度を少し下げてどうにか完成にこぎつけました。

作品は高さ60センチ、重さ30キロもある大作です。この大きさになると作品その物の自重がかかり、非常に変形しやすくなる。その上これだけ多くの深い切込みをいれると、薄いところから裂けるので難しい。でも精密に計算された模様とデザイン構成は寸分のくるいも無く、淡い色の彩色とマッチして、完成度の高い作品に仕上がっています。

また私が一ヶ月前から書き始めたブログですが、陶芸に興味を持つ人だけでなく、どなたでも楽しめる内容になっています。世代をこえて幅広い皆様のご愛読、よろしくお願いします。多忙な日々の一服の涼となれば幸いです。

それでは良いお年をお迎えください。

 

 

“県展” への1件の返信

  1. 今回の写真と文章で作品の作成に至るまでのご苦労が、素人の私によく理解できるように解説がなされていて「淡い色彩」「繊細さ」を感じることができました。機会があれば実物を拝見し、作品のスケール・重量感をこの目で実感させて頂きたいと思います。お蔭様で一服の涼としてこのブログを楽しんでいる一人がこちらにおります。
    ありがとうございます。
    そして、良いお年をお迎え下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です