BCG

我々が小学生の頃、新学期になると必ず行なわれるのが各種予防注射であった。特に低学年では毎月のようにチフス、日本脳炎、天然痘、ツベルクリンにBCGなどの予防注射をうたれた。当時天然痘予防の種痘は腕にメスでバッテンに4ヶ所切り込みを入れ、そこに抗体植えつける方法で行なわれていた。しかしこの傷跡は大人になっても消えることがなく、夏場女性がノースリーブになると目立つ。そこで私の父親はこれを嫌い自分の長女には、わざわざ保健所に出向き見えない腕の内側に種痘を受けさせたので、長女にはこの二の腕の傷跡がない。その後しばらくすると種痘はメスでなく傷跡が残らないハンコ注射に代わる。残念なことに団塊世代以上が年を若くごまかしても、腕まくりをすればバレバレになる。

「おまえ赤くなってるか?」保険室の前の廊下に並び、不安げにお互いのツベルクリン注射痕を見せ合う。ツベルクリンとは結核に対する生まれ持った抗体の有無を調べる注射で、抗体があると注射痕が赤くはれてくる。陰性の子供が多いのだが、2,30パーセントの割合で陽性の子がいた。「まずい、ぜんぜん赤くなってない!」注射痕をたたき赤くするも、医者の目はごまかせない。「はい、陰性です」といわれると次に待っているのがBCGという恐ろしく痛い注射!そのうえ注射跡が化膿して直るのに数ヶ月もかかる。「また今年も陰性かー」ガックリ肩を落とす。そして二度のBCG注射の後、私は陽性になりやっとこの痛い注射から開放された。その後このBCGは同じく判子注射に代わり、ツベルクリンを受けずに日本人の全員が接種するようになる。

ところがこの結核という肺病の免疫抗体をつける。BCGがコロナウイルス肺炎に対しても、ある程度の免疫効果があるらしいということが噂され始めた。中国の次に感染が始まった日本では感染拡大スピードが緩やかで、欧米とは異なる動きをしている。いま爆発的に感染が広がっているイタリアやアメリカではBCGは全く行なわれておらず、同じヨーロッパでもBCGの行なわれていた国々とは明らかに感染拡大に差があるというのだ。まだその因果関係は調査中だが、オランダやオーストラリアのコロナ医療従事者には、とりあえずBCG接種を始めたらしい。これは推測だが先日亡くなった志村ケンさんは我々団塊世代である。団塊世代は生まれつきツベルクリン陽性の場合、BCGを受けてない人もかなりいるのも事実である。

日本ではコロナ肺炎が高齢者で重篤になる確率が高いのは、免疫力の低下の他にBCGの接種の有無も関係があるのではないかとうわさされている。

(勝田陶人舎・冨岡伸一)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です