茶飲み話・新年のご挨拶

「みなさん、明けましておめでとう御座います。本年もよろしくお願いします」

いつも私の日常を映した世間話などにお付き合い頂き、真にありがとうございます。こうして歳を重ねていくと徐々に世の中に対する興味がうすれ、チャレンジ心も萎えていくのが常です。しかし現代では今までの老後生活になかった新しいライフスタイルが、テクノロジーの激変によって我々の前に出現しようとしています。これからの老後の過ごし方は、今までの人類が全く経験したことのない未曾有の領域で展開します。でもまだその概要は誰も明確に把握できてはいません。

それは医療から、ロボット工学、バーチャルリアリティと全ての領域へと拡大して、それらを上手く活用すれば衰えていく身体を補完、刷新し、より豊かなリタイア生活を過ごせる可能性があります。それに乗るか反るかは個々人の選択ですが、せっかく目の前におかれた美味そうなご馳走です。「据え膳喰わねば男の辱」とばかりに、何でも喰らうダボハゼになる好奇心も必要かと思うのです。

「猫も杓子もメタバース」今年のチマタのテーマはメタバースです。それだけ今後展開される仮想世界が、画期的であるということの明かしです。これはメタ超という単語とユニバース宇宙という言葉の合成語、すなわち超宇宙という意味の仮想現実のことです。眼鏡をかけて仮想空間に侵入して行くと、そこにはリアルでない別の世界が待っている。たとえば自身のアバター(化身)が仮想世界に誕生したショッピングモールなどを巡り、気に入った商品が見つかるとする。そこで購入ボタンなどをポッチとタップ!すると後日本物が自宅に届くなど・・・。

今までのネット販売との違いは写真でなく3Dなので、手に取り中を開いてより細かくチェックすることが出来るようで利便性が増す。グッチなどのビックブランドではすでにこの実験を開始しており、仮想空間でのショップ展開などを計画中という。こうなると実店舗の多くはますます不要となり、ライフスタイルそのものも大きく変わっていくと思う。

ということで今年も昭和の思い出、近況報告、未来へのアプローチや戸惑いなど、リタイア世代の視点で面白おかしく発信していきたいと思いますので、ご購読よろしくお願いします。これからの時代、特に重要なのは自由時間の上手な活用です。現役世代と違って我々には多くの時間があります。このたっぷりな時間を未来に対応する勉強時間に当てれば、物覚えの悪さを克服し現役世代より多くを学ぶことが出来ます。頭を柔軟に先を見据えて元気でいきましょう・・・。(グッドラック!コメントなど書いていただくと嬉しいです。勝田陶人舎・冨岡伸一)

 

 

 

 

 

“茶飲み話・新年のご挨拶” への2件の返信

  1. 明けましておめでとうございます。
    「リタイア世代の視点での昭和の思い出、近況報告、未来へのアプローチや戸惑いなどの発信」を楽しく拝読させて頂きたいと思います。

    昨日、娘夫婦が年始挨拶で我が家に訪れ、夕食事後に皆で抹茶を飲みながら抹茶碗から日々ブログの「焼き芋ばなし」へと話題がすすみ、最近の娘世代の「焼き芋ブーム」で盛り上がりました。

    本日は、1月3日です。「今日は何の日」を調べたら、今から154年前の1868年1月3日は戊辰戦争開戦の日でした。4月11日に江戸城無血開城、同年の5月24日にはその後の南関東地方における最初の本格的な戦闘「市川・船橋の戦い」が行われたと知りました。当時の日本は内戦状態だったんだとういこと、その後、日清、日露、2つの世界大戦に進んでいくこととなり、庶民はどこまで予知できたのでしょう。
    一方、知らせない自由のマスコミ姿勢下の今の日本人よりも、当時は世界情勢を知っている人々が思いのほか多かったことも記録に残っているようです。それでも戦争の泥沼へ・・・・ですが。

    150年後の市川(日本)は、どんな時間を過ごしているのでしょうか。そこまで行かずとも、5~10年後の危機として、中国の属国化・中国自治区・中国〇〇省と名称が変わっていないことを望みます。そうならないためには、まずは第一歩が与党政治家の親中派一掃からでしょう。

    1. コメントありがとうございます。「市川・船橋の戦い」は聞いたことがあります。たぶんそのころはまだ八幡周辺にも深い藪が残っており、民衆が隠れるには良かったのかもしれませんね。私が子供の頃には水戸黄門様も中に入って迷ったなどと、言い伝えもあった「八幡の藪知らず」跡には巨木がまだ何本か聳え立っていて、国道を覆っていました。

      それに市川駅前の国道には明治天皇が成田詣での折に眺められて、絶賛したと言う「三本松」の雄姿も私が小学生の頃にはまだ健在で、今なら大変な観光資源になったと残念な気持ちです。それにあれだけあった黒松も殆んど姿を消し、つまらない街並みに変わりました。当時は東京に行っても市川に住んでいるというと「高級住宅地ですか、良いところにお住まいで」と羨望されました。

      中国はオリンピックは終わると台湾進行の可能性も大ですね。でも最近中国は習近平のアホな政策で急速に国力を落としてきていると思います。このまま毛沢東時代に戻り、北朝鮮のようになるとたすかりますね。あんな国に経済的に力を貸すとろくなことは無い!と日本人はもっと肝に銘じるべきです。自民党も親中の公明党と決別し、維新と組むなりして憲法9条改正してもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。