茶飲み話・国防

ウクライナ情勢が混沌とする中で、次に心配なのが中国による台湾侵攻である。そして尖閣急襲と続き味をしめれば、沖縄にも攻め込んでくるかも?沖縄はかつて琉球王国の時代、中国に朝貢を行なっていた。朝貢とは中国皇帝に貢物を差し上げ、その見返りとして返礼品を受けとって帰ることである。この返礼品がとても価値があったので、味をしめた琉球王は500年もの間、朝貢を行なってた。

しかしそれは同時に、中国からすると属国であった証しと認識するらしい。これが今日、中国が沖縄は中国領だと主張する論拠となってる。わが日本も遣唐使の時代に、朝貢とみなされる使節団を中国に送っている。そこで中国は日本も朝鮮新羅と同列としたいのだ。もし台湾併合をゆるせば、つぎは日本に矛先が向いて沖縄から徐々に侵略されることも皆無ではない。

「日本も核武装して自国を守ったらどうだ」とトランプ大統領が数年前に真顔で発言したことがあった。このとき多くの日本人はあっけに取られて言葉を失った。でもアメリカはすでに自国の利益にならない紛争には、介入しないと公言している。なにかあれば安保条約締結でアメリカが守ってくれると期待する日本人!すでにそんな時代終わっているかも?

刻々と送られてくるウクライナ情勢などを眺めていると、軍事力の差で自国を守れない哀しさが伝わってくる。「相手は人間だ、話し合えば解るよ」と対話重視の立憲や共産党の議員はおっしゃる。でも相手のプーチン、金、習は皆「血も涙もない狂った独裁者だ」。弱体国だと無条件降伏するしかない。そのときやっと気がついて鉄砲(近代兵器)持っても、日本人は玉のこめ方(扱い方)一つ知らない。

「あーあ、あの顔で、あの声で、手柄たのむと妻や子が」という歌い出しで始まる私の好きな軍歌「暁に祈る」。今の人は軍歌など全くなじみがないと思うが、私の青春時代にはコンパなどで酒が入ると、硬派の連中の音頭で軍歌を歌うこともあった・・・。軍歌を歌い、戦の妄想をした時代が良いとは思わないが、ウクライナの現状を見つめると、デジタル時代でも祖国や家族を守る心は不変ではないのか。(いよいよ物価高騰、欧米VS中ソ・緊迫、など大変な時代になりそうな予感。勝田陶人舎・冨岡伸一)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2022 冨岡陶芸工房 勝田陶人舎