タンポポオムレツ

アメリカ大リーグ、ロスアンゼルス・エンジェルスの大谷翔平選手が怪我から復帰して、また活躍し始めた。彼は日本人離れしたそのスタイルとルックスで、アメリカの女性からも非常に人気がある。そのため彼の嫁さん候補が気になり始める昨今であるが、海外で活躍するスポーツ選手のほとんどが、嫁さんは日本女性を選んでいる。でも私にはこの理由が分からない。一般の日本人男性ならともかく一流スポーツ選手は、高収入で体も大きく魅力もあり欧米人にもてるはずだ。しかし欧米人女性と結婚したという有名選手の話は、ほとんど聞いた事がない。先駆者であるサッカーの中田英寿さんがイタリアのサッカーチームで活躍していた時には、イタリア女性にも人気があったが恋人の噂すらでなかった。

「大谷翔平、アメリカ女性との交際の噂!」このような週刊誌ネタ話が来年あたりでると面白いのだが、彼も結婚相手には日本女性を選びそうな気がする。我々団塊世代は子供の頃に植えつけられた、アメリカ人に対するコンプレックスの裏返しで、白人女性に憧れを抱いた若者も多かったが、当時は生活レベルの差も大きく難しかった。今の若い一流選手は皆ハンサムで賢くて冷静、将来の展望などをしっかりと見据えていて、無理にリスクは取らないのか?そして特に超一流選手は皆さん凄くストイック(禁欲的)で努力家、ドロドロしたところをまるで見せない。

また若い政治家なども最近はストイックで精錬潔白でないと勤まらない。昔は地方議員などは、奥さんは地元で選挙民の対応に追われ東京で一緒に住まない。そこで必然的に東京妻ができる。それをとやかく言う人や記事にするマスコミもほとんどいなかった。でもこんなこと今時やったら大変だ。「公金を女に使った、私的流用だ!」などとマスコミや奥さんを初め皆に袋叩きに会う。知らないうちに凄い監視社会になっている。(お互いにお互いを監視して縛りあう)防犯カメラ、車載カメラ、スマホによる位置情報の管理など行動の多くが、自分の知らないうちに徹底的に監視されている。良い時代になったとは思うのだが?

ところで大谷君はタンポポオムレツが好きだそうで、それも自分で自炊するという。「うん、どこまでも器用で出来る男だ!」

(千葉県八千代市勝田台、勝田陶人舎・冨岡伸一)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です