覇権

最近街を歩いていると外国人と遭遇する頻度がやたらと増えてきた。観光で来日する人あるいは定住者に限らずその国籍、人種なども様々である。私はこのこと自体は歓迎すべきことであると思うが、移民が増えて集団で異文化を国内に持ち込むのは、日本の伝統文化と軋轢が生じるので歓迎できない。先日オーストラリアで首相選挙があり、大方の予想に反して移民受け入れに厳しいモリソン首相が再任された。現在オーストラリアでは中国移民が急増し、人口の5パーセントを突破したらしい。特に大都市ではその傾向が強く、彼らの金儲けのためには手段を選ばない自然破壊を伴う強引なリゾート開発などは、住民との間にいろいろなトラブルが生じているという。

人口が多いということは強力な武器でもある。いま中国ではチベット高原や辺境のウイグルなど漢民族がもともと住んでいなかった自治区に鉄道を引き、大量の漢民族を送り込んでいる。そして漢民族が増えるとその自治区の主要なポストを掌握し、現地人に中国語教育を押し付け、その民族の独自文化などを根絶やしにする政策を行なう。特にウイグルは住民の殆どがテュルク系イスラム教徒である。しかし彼らにも中国語と共産主義思想を強要しているので、その反発は激しく頻繁に武力衝突なども起きている。でも自国内の事で言論統制もひかれていて、それら情報は殆ど外部には報道されない。アメリカも手を焼くタリバンのアフガニスタンとも国境を接するウィグル。今後ウイグル人がタリバンと組んで蜂起する可能性があるかも。

また中国人はチベットを越えてインド領のカシミールまで入りこみ、勝手に村を作り定住したためにインドとの間で、1962年に国境紛争を戦っている。いま中国では長年の一人っ子政策により若者の人口は減っており、なおかつ男女の人口が不均衡で圧倒的に男性の数が多い。このため一帯一路などの後進国開発プロジェクトとの名目で嫁のいない独身労働者を現地に送り、アフリカ諸国の女性と結婚させ色の黒い中国人を増やす計画も進行中らしい。その結果将来のオリンピックではアフリカと中国のハーフにメダルを独占される日もくるかもしれない。いま一時的な人手不足で移民解禁などの法律を変えたら、日本も人ごとではなくなる。中国人はイスラム教徒と同じで絶対に日本の文化やルールに順ずることはないと思う。

いよいよ米中覇権戦争が始まったが、中国の暴走を止めるにはトランプさんに期待するしかない。(千葉県八千代市勝田台、勝田陶人舎・冨岡伸一)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です