ゴーン

この年の瀬に驚くようなニュースがいきなり飛び込んできた。あのカルロス・ゴーンが国外逃亡したという。まさか出入国管理の厳しい日本で税関の検査をすり抜け、国外逃亡など出来るのか?率直な疑問だが、彼はその網をまんまとすり抜けていった。情報によると年末でなんとなく気が緩んでいる時期をねらい、関西空港からプライベートジェットで、Ⅹ線のゲートを通れない大きな箱の中に身を隠しての逃亡だという。この計画は数ヶ月も前から、彼と元グリーンベレーの兵士など国際私的組織で地方空港の管理状況を徹底的に調べ上げ、綿密に調査してでの犯行だという。事前にこのことを心配した検察は15億もの金を積んでの保釈だったが、100億もの不正所得を受けていた彼には、15億など没収されても痛くないハシタ金であったのであろうか。

この計画にあの冷たい目つきの、弘中弁護士が加担していたかどうかは知らぬが、強引に保釈請求した結果このような事態を招いた彼の責任も重いのでは?マスコミの質問に「話す事など何もない」と憮然とした表情で白を切るが、「お前の責任だろう!」このまま立ち消えでは庶民は面白くない。無罪請負人と呼ばれた弘中、彼の弁護士資格など没収したほうがよい。なんでGPSなど所在のわかる装置を装着させなかったのか?今となっては色々な意見も飛び交うが後の祭り!逃亡先が汚職まみれのレバノンという国家では彼の身柄請求も難しいのではないか。でもわが国はこのレバノンにODAによる資金援助をしている。彼を日本に送還しないのなら、直ちに援助などやめるべきである。日本は民主主義による厳格な法治国家であるり、絶対に不正は許さないというメッセージを、世界に発信し続けることが肝心である。

しかし彼のパラダイス!レバノンも決して安住の地ではないと思う。レバノンには国民が国境を接するイスラエルに入国すると厳罰になるという法律があるという。彼は日産の社長時代にイスラエルに入国している。フランス国籍も所有している彼はフランス人として入国したのだと主張するのであろうが、現地の弁護士数人が彼を裁判にかける準備を始めているという。それに今レバノンでは市民が汚職まみれの政府を弾劾するデモが巻き起こっている。汚職による富裕者ゴーンも非難の対象になる可能性も出てくる。フランスなどから日本の司法は先進国の中では遅れていると指摘する声も上がる。でもそんなことはない何でも欧米と同じにする必要もない。これで日本の安全と秩序が担保されている。

ところで韓国からの観光客が大幅に減少していると聞く。しかし全体の統計ではアジアや欧米からの客が激増して、京都では市民生活にも支障が出ている。国のルールや法律を遵守すること、これが入国の最低条件であることはどの国でも変わらない。(勝田陶人舎・冨岡伸一)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です