ショー

「ゴーン、耳を劈く轟音と共にそのショーは始まった!」スポットライトがフォーカスし、流行の衣装を身にまとったモデル達が次々に現れる。三十年もまえ女性達がまだ着飾ることに今よりもずっと関心が高かった頃、コシノヒロコさんのパリでのファッションショー開催に、同行させてもらったことがあった。ちょうどこの時期に私が仕事を請け負っていた神戸の婦人靴メーカーが、コシノさんのショー用の靴の製作依頼をうける。何度か大阪のコシノさんの事務所を打ち合わせに訪れた後に、私もパリでのショーに同行することになった。ショーを開くのは凄く大変。ショー用の衣装担当やヘアメイク、音響ミキサー、モデルなどたくさんのスタッフや荷物が日本から遠路パリまで移動する。準備が大変な割には公園の仮説テントで行われたショーは僅か3,40分余りで終了した。

ファッション業界の企画スタッフはとてもユニークである。男性はオネエ言葉でナヨナヨと「それ、お似合いよ。とっても素敵だわ!」などと女性言葉を使う。一方女性は「何言ってんだ。そんなこと知るわけねえだろう」などと言葉がぞんざいで男のようだ。なれないと感が狂うが私は「あら、それお綺麗ね!」などとオネエ言葉は冗談にも使うことは無かった。大体婦人服をデザインする男性デザイナーは、実際に婦人服を身にまとい女の気持ちになって、あれこれ修正を加えたりしないと完成できない。細部にも神経が行き届き、繊細でデリケートな感覚を持ち合わせてないと大成しない。それで必然的に女性的になるのであろうか?それとも生まれつき女性的な人が係わる職業であるのかは分からない。

婦人靴ではどちらかというと、女性的な高寸のパンプスをデザインするのが私は好きであった。パンプスの湾曲した靴のフォルムやヒールのラインを眺めるとセクシーだ。そこで男性でもパンプスを愛し密かに収集して楽しむ倒錯者もいるらしい。より美しい靴のラインなどを追求していると、その靴を履く女性のフォルムを連想することになる。「コマタの切れあっがったいい女」と親父がむかし言っていた。コマタが切れ上がったとは足が長く足首の締まった女であるという。まだ和服で身を包んでた時代、唯一むきだしの足首だけで良い女のフォルムを判断するのは難しかったかも?見合いで結婚し「あけてビックリ、上げ底だった」なんて、まるでギャンブルである。今の女性はピッタピタのジーンズにニットシャツなので、とりあえず箱の絵と中身が違うクレームはなさそうだ。

最近ではマツコデラックスを始めオネエ言葉を使うタレントがテレビに多く登場すると、オネエ言葉も性同一性と同様に市民権を得るようになってきた。

写真は10年前に製作の人形です。(勝田陶人舎・冨岡伸一)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です