茶飲み話・人口問題

「不妊治療受けにくい。44パーセントの女性」。少子化対策白書だってさあ!政府は先日、より不妊治療を受けやすい環境を整えるべきとの見解を発表した。もっと治療費の負担を軽減させ、出生率を高めたいと言う。これからの混沌とした時代、出産適齢期を逃した女性にまで無理して、子供を生ませる必要などないのではと私は素朴に思う。昔は不妊治療などと言う言葉は聞いたことがなかった。最初に私がこの言葉を耳にしたときは、避妊治療かと思ったくらいである。

「これからの日本は人口が増えすぎて大変です。人口密度は世界三位で、なんとかしてこの人口増加を抑えなければ日本は亡びます!」と我々が小学生の時に、社会科の授業で先生が強く言い放ったあの言葉は嘘であったのか?それでも当時の人口は1億前後で今の人口より少なかったのである。そして当時は妊娠中絶が奨励されていて、多くの女性が堕胎手術を受けた。私の母も私を出産した後、2度堕胎したと成人した頃に聞いた。そのころ母親を車に乗せ一緒に「水天宮様に水子供養」に出かけたのでよく憶えている。

そして今日、一億二千万人以上にまで膨張した日本の人口が、政府の思い通りにやっと減少し始めたのに、今度は人口が減ると大変だ!大変だと騒いでいるのだ。その理由は若い生産労働人口が減ると、国力が落ち年金受給者を支えられないからとの回答である。でもAIロボットを活用すればいくらでも労働力不足など補填できるのでは?ロボットを積極的に雇用し、ロボットから税金を徴収すればよい。彼らならサボらないし不器用な人間よりもよっぽど役に立つ。

むかし3チャン農業という言葉があった。オヤジは出稼ぎに行き、ジイしゃん、バアちゃん、カアちゃんで農業を支えた。それが次に人手不足の町工場ではトウちゃん、カアちゃん。ロボットちゃんの3ちゃん工場となる。そして次世代はいよいよバアちゃん(バーチャル)デジちゃん(デジタル)ロボットちゃんの無人のハイテク3ちゃん時代の到来だ!人間は一部の「開発者エリート」以外は役立たずでボケっとしてれば良い。

日本の人口など国土面積からすれば、江戸時代のように三千万人もいれば充分だ。現在は地球規模の割りに人口が多すぎるから、排出ガスなどによる温暖化の問題も起こっているのではないのか?ガソリン車から電気自動車に代えるのも悪くないが、その前に世界人口を急減させれば、もっと簡単に解決するよ!と迷惑な話だが「コロナウィルス君」が勝手に頑張っている・・・。

(間違ってもここ数年の人手不足のために、外国人労働者など雇用しないで欲しい。AIによる大量失業時代が直ぐそこまで忍び寄る。勝田陶人舎・冨岡伸一)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です