茶飲み話・ウクライナ

テレビをつけると毎日ウクライナの惨状が伝えられ、暗い気持ちになる今日このごろである。何の罪もない市民がロシア軍の爆撃を受け住居をおわれ、多数死んでいる。でもこの戦争、ロシアがなんのためにこれだけの犠牲を払って行なっているのかが、いまいち明確でない。プーチンは最初、一週間もあればウクライナ全土を簡単に攻略できると考えていたようだ。

ところがドッコイ、そう簡単には事が運ばなかった。ウクライナ市民の頑強な抵抗にあい泥沼化する。こうなると数年単位で長引く可能性もある。初期段階では頻繁に停戦交渉が行なわれたが、最近では殆んど開催されない。すると困るのはウクライナ市民と、その影響により高騰する食料などが買えずに飢える、世界中の貧困層である。

でもテレビや新聞などで伝えられるニュースの殆んどはCNNなど欧米系メディアからの情報である。なので必ずしも全ての情報が真実であるとは限らない。日本人の大半はNHKなどマスコミ報道は正義を伝える機関であると認識し、疑うことなどしない。戦前日本も大本営発表などは殆んどが虚偽情報であったように、いつの時代も戦争の当事国は自分に都合の良い情報を流す。そのため正義の味方ゼレンスキーの発言も多少疑う必要もある。

「戦争は一部の人に多くの富をもたらす!」いまウクライナ戦争の影で大もうけをしている人達がいるのだ。具体的には穀物の値上がりによる米国農業従事者やカーギルなどの穀物商社。原油、ガスなどを掘削する最近まで大赤字であった米国シェール会社や石油メジャー。それにロッキードやグラマンなど戦闘機会社や米国巨大軍事産業など、など。

どうですか!このように書けば今度の戦争では悲惨な当事国市民をよそに、武器をたくさん売りまくって稼ぐ、アメリカひとり勝ち構図が見えてくるでしょう。そうです。巨大な財界圧力団体によって当選したバイデン大統領の心中は、綺麗ごとは言うが戦争の長期化を望んでいるのです。ここで古い武器をすべて売りつくし、在庫一掃バーゲンセール!(風が吹けば桶屋がもうかる。砲火が吹けばアメリカがもうかる。ロシアは恐ろしいがアメリカとて。勝田陶人舎・冨岡伸一)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。