茶飲み話・参議院選挙

先週参議院選挙があり、けっか与党の圧勝で終わる。選挙直前に安倍元総理が凶弾に倒れ、その弔い合戦による同情票が自民党に流れたのでは?との報道が多く聞かれた。これで憲法改正に必要な獲得議席を与党が握り、いよいよ念願の憲法9条などの刷新が現実味を帯びてきた。戦後日本を骨抜きにするために、戦勝国によって押し付けられてきた絵に描いた餅の、平和憲法ともこれでやっと決別できそうだ。

中国、ロシア、北朝鮮など周辺独裁国家が日々軍拡を進める中、わが国だけはいまだに正式な軍隊を持たず、丸腰で「相手も人間だ!」話し合えば分かり合えるなどと公言する、共産や立憲などの左派政党議員の時代認識の劣化には政治嫌いの私でも、あきれるばかりである。

「いよいよ参議院が廃止になり、代わりにAIが法案のチェックをすることになりました!」これは203Ⅹ年、私が想定する未来予測である。国連と同じく税金無駄遣いの参議院は無用論の声が高まり、ついに量子コンピューターによる法案の審査が実施され参議院はすべて解散された。はやくこんな日が来るとよいです。戦前の貴族院を引きずる参議院など、特権階級の既得権温存だけで何の利点も無い。チェック機能だけならコンピューターの方がずっと信頼できる。

今回の参議院当選者の中にも、おかしな人が何人もいる。元タレントの生稲晃子、山本太郎、そしてスッパ抜きのガーシーなどだ。このような状況を見るにつけ、やはり参議院など必要ないという思いがつのる。しょせん欲深な生身の人間の考えていることなど知れている。議員バッチを付ければ新幹線などの鉄道利用もタダだし、6年間も美味い飯が喰える。

しかしN国党のガーシーのことはよく分からない。彼はいまドバイに住んでいて参議院議員になっても今のところすぐには帰国しないようだ。彼が帰国すると詐欺容疑で逮捕される可能性もあるらしいが、国会議員は基本国会開催中には議員特権で逮捕されることはない。どうせなら国会議員と売れないタレント女のゴッシップを全部暴露すると面白い。(政治家に清廉潔白を要求する現代、無垢なAIでないと勤まらない?勝田陶人舎・冨岡伸一)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です