茶飲み話・物価高

「いやあ、困りましたね!」なにか世の中が混沌としてきた。コロナもどうにか収束に向かい平静を取り戻すと思ったら、今度は円安による物価高が本格的に襲ってきそうだ。先日対ドルで145円も値下がりし、あわてた日銀が円買いの為替介入を実施して瞬間140円まで戻ったが、またすぐに144円になってしまった。これからますます円安が進み、150、160円になると、我ら年金族の生活は苦しくなる。

それにロシアによるウクライナでの戦争はエスカレートし、追い詰められたロシアが核爆弾を使用するとの脅しをかける。それも原子力発電所を襲撃するかもと言っているので、もし本当にこれを実施したらヨーロッパは大変なことになる。チェルノブイリ原発事故で懲りているはずなのに、狂ったプーチンはなにをするか分からない。北朝鮮からミサイルは飛んでくるし、安部さんの国葬などでもめている場合ではない。

ここにきてロシア国民も30万人もの予備役招集が決まり自らの身に危険がせまると、民衆のあいだでにわかに反戦のムードが高まってきたが、いまさらもう遅い。あんな独裁者を長いこと支持したのはあなたがた!あわてて国外に逃亡するより、早くプーチンをなんとかしろと言いたい。ロシアと長い国境を接するフィンランドでは押し寄せるロシア人の対応に困り、国境を封鎖した。

日本も人道的見地からなどどいい、安易に逃亡者を入国させないでほしい。もし北海道に多くがなだれ込んで定住すると、ここはロシア人が住むからロシア領などと暴言はく可能性がある。ウクライナ戦争はプーチンが存命である限りまだまだ続き、一触即発で明日何が起こるか分からない。あの親日家マイクロソフトのビル・ゲイツ氏は軽井沢に別荘地を買い、大きな屋敷を新築した。でもそのさい大量の土砂が運び出されたので、核シェルターを作ったのではないかと噂されている。

もしこのまま円安が進行し、ロシアからのエネルギーや穀物輸出も途絶えると物価上昇は止まらなくなる。今のうちに日持ちのする食料などの備蓄を心がけ、自宅の庭に菜園を作るのも良しだ。でも私の場合は酒の備蓄だな!酒は日持ちもするし、いざとなれば換金もしやすい。戦後食糧不足のときも酒は米と物々交換できた・・・。(やはり私の予言どうり晩年は動乱期鎌倉時代の鴨長明「方丈記」になるのか?可能性はゼロではない!勝田陶人舎・冨岡伸一)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2022 冨岡陶芸工房 勝田陶人舎