茶飲み話・アルマゲドン

「もしロシアが核を使えばアルマゲドンを招くだろう」。先日バイデン大統領の恐ろしい発言が話題になっている。最近ウクライナ戦争ではロシアの劣勢が報告され、戦局に怒ったプーチン大統領が核使用も辞さないと脅しをかけてきた。それに対してバイデン大統領も負けていない。「やられたらやり返す」と返したのだ。すると世界は第三次世界大戦に突入し人類は危機を迎える。

アルマゲドンとは最終戦争という意味でキリスト教的終末論である。神を冒涜し奢り高ぶった人類はアルマゲドンによって最後は消滅すると予言されている。「そんなことありえない!」と思いたいが、可能性ゼロではないと感じる昨今である・・・。民主党のバイデンさんが大統領に代わると世界が急にきな臭くなった。プーチンや金正恩とも接触をはかったトランプ大統領ならウクライナ戦争も起こらなかったと私は確信している。

日本は核爆弾を落とされた唯一の国である。その意味では原爆の恐ろしさを肌で感じている民族でもある。しかし戦争の体験者も年々減少してくると、最近では日本の核保有も議論され始めた。東アジアの周辺国がみな核を保有し脅しをかけてくれば、彼らに頭を下げ屈服するわけにも行かないだろう。団塊世代のわれわれは他国に侵略された戦後の屈辱など、記憶に残る最後の世代なのだ。

そういえば私がまだ幼児の頃に両親に連れられ映画館行ったときに見たニュースが、鮮明に記憶に残っている。それは「東条英機の絞首刑」直前のニュースであったと想う。記憶によると丸坊主で丸メガネをかけたオヤジが、笑顔で皆に最後の挨拶し自分の持ち物を周囲の人にくばる。そして彼は十三階段へと上がっていく。でも東条英機が太平洋戦争のA級戦犯として、裁かれたのが1948年というので、1947年生まれの私の記憶もさだかではない。

テレビがまだ無い時代、映画館では必ず幕間にニュースが放映されていた。そして無声ニュースには竹脇無我の親父、竹脇昌作が独特の棒読みで語りで解説を入れた。戦争なんてしょせん「勝てば官軍!」負ければプーチンだって死刑になることもある。そのため負けそうになれば核使用を辞さないかも・・・?(恐ろしいアルマゲドンなど漫画の世界にとどめておいてほしいものだ。勝田陶人舎・冨岡伸一)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2022 冨岡陶芸工房 勝田陶人舎