砂時計

「あなたがいないと、生きる力が、失われていく、砂時計・・・」。これは私が青春時代から好きだった「シバの女王」という曲のフレーズの一部である。特にポール・モーリアが奏でる、この曲のイージー・リスニングは好きで、今だに気持ちが疲れると時々聞いている。私が小学生のころ我が家に、たぶん5分計であったと思うが、小さな砂時計がタンスの上にぽつんと一つ置いてあった。

私はこの砂時計を手に取り、何度もひっくり返しては時間を計りながら、眺めているのが好きだった。砂時計の中の白い砂が、細いガラスの窪みを通過する量が殆んど一定で、結果誤差はいつも数秒単位であった。砂時計は各種時計の中でも一番、時の経過をはっきりと目視できるのでよい。むかしの洋画で刑の執行時間決定に、大きな砂時計が罪人の前に置かれていたシーンを思い出した。ひっくり返すことの無い砂時計ほど、不気味なものは無い。

人生とは大きな1個の砂時計と例えることもでき、上の砂が全部下に落ちれば終了する。私の5分計と違って、決して何度も返されることはない。でも有史以来、清の始皇帝を初め多くの独裁者が、どうにかこの巨大な砂時計をひっくり返す手立てはないかといろいろ探求してきた。始皇帝は不老長寿のクスリとして水銀までためしたというが、延命することさえなかった。現在では近隣諸国の独裁者たちも、同じくこの研究には余念が無いらしい。

いま民族抹殺の指令のもと、隣国のウィグル人たちは弾圧により拷問されたり、共産党幹部達の延命のために、臓器提供させられているときく。でもこの程度では巨大な砂時計を多少傾けて、砂の出を緩める程度の効果しかないだろう。しかし医学の進歩も目覚しい将来、巨大な砂時計をひっくり返すことが出来るようになるかも?そうなれば一人の独裁者のために、多くの人たちの自由が永遠に奪われてしまう。

まあいいや!それよりもとりあえず、日本でもワクチンを短時間で開発できる、医療インフラを整えてください。のんびりと砂の落ちるまで、待っている時間はないのです。(勝田陶人舎・冨岡伸一)

“砂時計” への2件の返信

  1. イージーリスニングを耳にするきっかけは、中学生の頃に我が家に間借りをしていた勤労夜学生(25歳の高校2年生)が、鉄工所から帰宅後に油まみれの作業服から私服への着替中に隣室から流れてくる数分のポール・モーリア「シバの女王」でした。彼の生き様からは、色々なことを学ばせて貰いました。
    また、当時FM東海(後にFM東京)の番組でフランク・プルゥセルの「ミスター・ロンリィ」で始まるジェットストリームは懐かしいです。60年代から70年代にかけて当時の日本ではイージー・リスニングというとレイモン・ルフェ―ブルを含め上記のフランス人の3楽団が何故か良く流れていたように思います。
    おかげ様で懐かしい時代を偲ばせて頂きまして有難うございました。

    1. そうですね。確かにあのころ地方から上京した若い勤労者は大変だったと思います。「若い根っこの会」を作ってお互い励ましあったり、歌声喫茶でロシア民謡歌って当時理想と思われていたロシアなどの社会主義にあこがれ、積極的に労組などに加入した。
      我が家のすぐ近くにも精工舎の下請け部品工場があり、中卒で東北から集団就職できた私と同じ年の少女が数十人が働いていた。家の前を東北弁で大声で話す声が時々聞こえ、都会育ちの母親は顔を歪めていた。また昭和学院の先には精工舎市川工場があり、早朝には多くの若い勤労者が中央通りを徒歩で職場に向かう姿が見られました。
      当時のセイコー時計は日本のハイテク産業の原点でしたね。亀戸に御住まいでしたのでよくご存知でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です