茶飲み話・スニーカー

「ただ歩けばお金が稼げる。そんなバカな!」今日はSTEPNというスマホ・アプリの話をしたいと思う。シューズデザインを職業にしていた関係で、退職しても今だに靴の流行には興味を持っている。ところがパンプスなど婦人靴は冠婚葬祭以外ほとんど履かれることがなくなり、人々の関心もうすくなった。むかし暗い夜道をコツコツと音を立て歩くパンプスの足音!後ろから迫ってくると不気味に感じたこともある。

最近は人々の足元を飾るのは、音のしないナイキなどゴム底のスニーカーである。昔は男性が真っ赤や黄色の靴を履くことなど考えられなかったが、今では普通にはかれている。靴のトレンドは黒い革靴から完全にスニーカーに移行して、隔てられていた靴のジェンダー差もなくなった。カップルで同じデザインを履き、木陰の公園をジョギングなども絵になる。

ところがその若い人に大人気のスニーカーだが最近はさらに進化した。すでにリアルな実物のスニーカーでは飽き足らず、現在流行なのはスマホ・アプリの中で履かれる、様々な機能をそなえた高額のバーチャル・スニーカーである。価格はなんと一足数万から数十万円もする。これを小遣いで何足も買って用途別に履きウォーキングを楽しむと金がもらえる。

でも実際に自分の履く靴はABCマートで買った安靴、それがスマホ・アプリの中ではに高額で買ったバーチャルスニーカーを履いてるという設定だ。そして取り込んだ、スマホ・アプリSTEPNの開始ボタンをタップして歩き始めればよい。すると歩く距離によって、仮想通貨がチャリン、チャリンとゲットできる。東南アジアではすでにこのアプリが流行していて、歩くだけで生活している人もる。

そして高額のスニーカーほどこの割増金が多いらしく、数十万円もするスニーカーが飛ぶように売れていた。ところが最近のビットコインの暴落に引きずられ、このバーチャルスニーカーも大暴落。あっという間に二足三文になった。歩いて健康になり、お金も稼げる夢のような時代。でもこのアプリも結局はポンジスキームねずみ講とかわらないのかも・・・?(詳しく知りたければSTEPNでググってください。勝田陶人舎・冨岡伸一)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2022 冨岡陶芸工房 勝田陶人舎