茶飲み話・フェイスブック

私がフェイスブックにブログを掲載するようになってすでに4年が経過する。それまでホームページだけでブログを掲載していたが、よりトレンディなフェイスブックにも興味があり転載を始めた。しかし友達つくるなど対応が煩雑になので、身近だけに限定するようになった。でも当時あれだけ話題になったフェイスブックも、最近ではアカウントを閉じる人も多く、あっというまに時代遅れになりつつある。

「フェイスブックをメタに社名変更します!」とザッカーバーグ社長が高らかに宣言したのがちょうど一年前である。フェイスブックの凋落にあせりを感じた社長は、これから拡大するメタバース仮想空間ビジネスに参入するため数兆円もの資金を投資をすれど、今現在はその成果がはっきりでていない。そのため先月1,1万人ものリストラを断行するが、フェイスブックの再生にはもっと時間がかかりそうだ

そして時を同じく赤字体質に陥ったツイッター社が、テスラモーター社長イーロンマスクに6兆円もの金額で買収された。するとマスク氏は即刻7500人いる従業員の半分を解雇した。「米国の解雇通達は厳しい!」ダンボールに私物だけをまとめ、即刻会社からタタキ出される。モタモタしていると腹いせにデーターを盗まれる可能性があるのだ。ツイッター社はまるで天国だったらしい。社内では食事も売店も全て無料で、リモート勤務もオーケー!しかしマスク氏はその全てを廃止すると宣言した。

つい先日までわが世の春を謳歌したネットビジネスのアマゾン、フェイスブック、グーグル、ツイッターなどの巨大企業がすでに岐路に立たされている。世界の津々浦々まで普及したのでもう伸びしろはない。今後はWEB3の時代に移行し、ネットの画面に直接侵入できるようになる。旅行などにわざわざ出かけなくても、眼鏡をかければ疑似体験が瞬時に可能!ドラエモンのドコデモドアーの出現だ。

映画は時代遅れ、ラジオは時代遅れ、テレビも時代遅れ、パソコンやスマホ画面も時代遅れになる日も近い。でも子供の頃に作った鉱石ラジオから微かに聞こえる音声に歓喜した日々もなつかしい。それにソニーのトランジスターラジオも画期的であった。あれで毎晩流行のアメリカン・ポップスを聴いては心ときめく青春を送った。当時の好きな曲を一曲あげえばザ・ピーナッツも歌った「情熱の花」である。(人生百年時代なのであと20年は生きましょう。夢のような時代が待っている。勝田陶人舎・冨岡伸一)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2022 冨岡陶芸工房 勝田陶人舎