アマゾン

アマゾンではいま広大な森林火災が発生している。それもアマゾン川周辺の熱帯雨林で起きているので事態はより深刻だ。熱帯雨林もこの時期は乾期で降雨量は多くないというが、最近の温暖化による気温上昇で乾燥が進み発火しやすくなっているのかもしれない。広大なアマゾンの森林は光合成により二酸化炭素を酸素に変える重要な役目をになっている。ところがブラジルの現シャルル・ボルソナロ政権は環境より経済優先で、森林を保護することよりも森に火をつけ牧草地などに変えることを優先しているという。しかしアマゾンの熱帯雨林がなくなると二酸化炭素量が増大し地球温暖化に、より拍車がかかると言われている。先日フランスで行なわれたG7首脳会議では、アマゾンの火災消化に各国で二千万ユーロを拠出することで合意した。でもボルソナロ大統領は「よけいなお世話とこの申し出を拒否した」

「アレクサ、テレビつけて!アレクサ、お風呂沸かして!アレクサ、エアコンの温度下げて!」と家の管理はなんでもアレクサにおまかせ、こんな便利な時代がやって来る。最近あのグローバル企業アマゾンが発売したスマートスピーカーは人の声を拾い、命令するといろいろなデバイスを操作してくれるという。ソファーに横たわりリラックスしても、アレクサがあればいちいち起き上がる必要も無いそうだ。いまCEO(社長)ジェフ・ベゾス率いる株式会社アマゾンは通販以外の分野でも、自動配達のインフラ整備や無人店舗などで、人々の生活を劇的に変えようとしている。書籍のネット通販から始まった同社は、その後日用品など広範囲に扱い品目を広げ、今や殆んどの商品がアマゾンの通販で買える。当日配達などその利便性は格段によく、競合他社の付け入るすきはない。

ところでアマゾンの社名の由来が面白い。アマゾンは最初アリババの呪文である「カダブラ」という名で創業した。しかしカダバー(死体)という単語と間違えられることがあったそうで、それならば広大な商品流通の流れといことでアマゾンに改名したという。これを聞くとひとつ疑問が残る。ではあの中国の同じ業態のアリババの社名はどこから取ったのか?当然アリババはアマゾンより会社設立は後だ。もしかしてアマゾンが捨てたカダブラの呪文をひっくりかえし、アリババ名を付けたのではないか?いままでなんで中国の巨大ネット通販会社の社名がアリババなのか分からなかったが、この因果関係は偶然にしてはできすぎだ。

この話はあくまでも個人的な推測に過ぎない。ワギュウ、コシヒカリ、トチオトメとなんでもパクル中国のこと、疑ってみたくもなる。

(勝田陶人舎・冨岡伸一)

“アマゾン” への2件の返信

  1.  森林火災は、1.噴火 2.自然発火 3.焚火 4.放火だそうで、「アマゾンの森林火災」は 3.4.の人為的なものが直接原因と言われる。防火策は「防火帯」を作って山火事の範囲を限定し確実に消火をすることです。以前、冨岡邸での話題 江戸町火消しの「打ち壊し」、江戸町割りの「広小路」を思い出します。さて、行き過ぎた「焚火「」ではすまされない「アマゾン開発」ですが、畜産業(ブラジルは世界の牛肉市場20%を生産など)と農業(大豆生産拡大)振興のために「アメリカの西部開拓」になぞらえ政策の目玉として掲げられ、国民の支持を得て当選したボルソナロ大統領です。「放火」は、開発業者が先住民や環境保護活動家を脅かす手段として火災が利用されている面もあるとか。あくまでブラジルの国内問題であるという意見があります。私はそれを支持しています。かつて、バイオエタノール燃料問題で振り回された国の一つがブラジルです。お金を貰うと弱みになる。自国で処理をするからご無用に!が本意かも知れません。G7でもトランプ大統領の気候変動討議の欠席は、「パリ協定離脱」CO2による地球温暖化対策にも否定的なところを窺わせる。以前に彼は「気候変動はどちらにも転がる」との発言もしている。
     国連と無関係のある学者は、今の地球温暖化は1800年ごろからずっと続いている自然由来のものが主体であって,人為的な原因によるものは,6分の1程度だと推定している.つまり、自然現象が主であるというのです。二酸化炭素が増えだしたのは1946年頃からなのであり.その前後の温度上昇の比較から人為的な影響度を割り出している.かたや国連の意をくむ学者には地球の寒冷化をまじえたロングスパンの地球気象サイクルの語られ方が少ないようにも思われる。また、アマゾンの酸素は昼につくられ夜にアマゾン内で消費されており、地球規模での酸素は、空海中酸素が重要で海底に蓄積された微生物の影響が大きいと聞いたことがあります。多くのマスコミ・ニュースがこぞって「ブラジルボルソナロ大統領叩き」をしているのが気になります。
     世界に流されている国連のIPCCの研究「CO2による地球温暖化説」は、一つの仮説から極めて政治的意図をもつものに姿を変えているとの意見があります。そうであるならば、私は、(国連御用学者)アマゾンの熱帯雨林と二酸化炭素と地球温暖化の関係を持ち出したグローバリストの金儲け狙いに振り回されるよりも、冷静になってみると、結局は「資本主義は自然破壊による前進を容認する」の言葉が頭をよぎります。地球温暖化対策の研究を否定するもではありません。トランプ政権のように従来政策を見直し、日本独自の環境問題・気候変動・次世代エネルギーの研究対策にもっと力を入れて自然とどう折り合いをつけていくかの論議が欲しいところです。
     そうそう、すでに私の長男と次男は「アレクサ○○時に教えて!アレクサエアコンつけて!」と家の管理をアレクサにおまかせの快適生活を享受しています。

    1. 確かに八木さんのおっしゃる通り、アマゾンの熱帯雨林消滅とによる二酸化炭素の増加など実際にはありえないかもしれません。でもそれが事実だと広まるとたぶん「あっという間に密林は消えてなくなる」アマゾンには希少な動植物が多く存在し、これらを現代人が淘汰すると後世に禍根を残すかもしれません。ジュラ紀など恐竜の時代は地球上に氷など存在しなかったので、地球上の氷が全部解けても別に問題ないのかもしれません。二酸化炭素が増えればもっと植物は繁茂し、それを食う動物が増える。たぶんトランプさんの言うように、二酸化炭素がもっと増えたほうが地球のためには良いのかも?かつてローマクラブという組織があり地球上の原油はあと50年で枯渇する。という虚偽宣伝が大々的に流され、石油危機による原油の高騰を煽った経緯もあります。あれでロックフェラーは大もうけ!現代でもデープステートによる言論、コンセンサスの操作などマスコミを通じて各方面で行なわれていると思います。先日G7で二酸化炭素の削減など指導するフランスのマクロンはグローバリストの手先か?世界的に混迷する現代、デープステートによる新秩序構築!彼らはいったいなにを考え、世界をどう導こうとしているのか?どうせ日本人はいつもただ利用されるだけのポチ。困ったものです。
      八木さんの息子さん達はすでにアレクサですか!これから日本人のヒューマニリレーションもどう変わるのですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です