変身

私が若い頃に読んだ本の中に、ドイツ人作家カフカが書いた「変身」という小説がある。詳しい内容は忘れたが、あるひ布地のセールスマンであった主人公が朝目が覚めると、大きな毒虫に変身してしまうという奇妙な物語が綴られていた。衝撃的内容であったので今だに記憶に留まっている・・・。

でも最近私は自分が早朝に目覚めると、ロボットに変身していることを夢想するようになった。いまの科学技術の進歩は凄まじい。環境保護の次のビジネステーマはいよいよ宇宙だという。人類は地球から他の惑星に飛び出すことを目標に掲げはじめた。

でもその時に問題となるのが時間と言う制約である。宇宙は地球上と違って、とてつもなく広大で人類の生命時間など一瞬である。すると宇宙を目指すにはどうしても水が主成分の肉体を脱ぎ捨てる必要がある。そこでコンピューターと同じ原理の脳の記憶データーを取り出し、全てデジタル化してハードディスクのような記録媒体に移し代えれば、水も空気も必要ないAIの頭脳と金属製のロボット体に変身できると思う。

そうすれ人は仏教で言う全ての煩悩から開放され真の意味で自由になれる。五欲もないので四苦八苦の苦しみもなく不老不死になる。光のエネルギーを直接体に吸収すれば、飯も喰わずにどこの銀河の惑星にも飛んでいける。でもこれって単なる絵空事でもない。人類がこのまま進歩し続ければ、いつか必ず肉体は邪魔になるはずだ。

「冨岡さんあなたの生命はもう直ぐ絶える。今ならロボットとして再生できますけど、いかがですか?」そうだ自分は一週間前に医師からそう告げられ、不老不死の金属の体を選らんだのだった・・・。そろそろ地球上の生命体も飽きてきたので、隣のアンドロメダ銀河に向かう宇宙船に乗る心の準備をしよう。

(とりとめもない幻想から覚醒するためには、いっぷくの抹茶が効果的ですよ。抹茶の泡の一つ一つがまるで沢山の星星のように美しい。勝田陶人舎・冨岡伸一)

“変身” への2件の返信

  1. 最近の科学技術は、UFOにとどまらず霊魂の世界も解明すべき分野とか。テレパシーなどのいわゆる第六感に興味があります。
    海中のいわしの群れ、空では渡り鳥の群れなどは、大群の中での自分の位置を感知し、変幻自在に群れの形を変えて危機対応をしている。

    また、人間の「古い脳と新しい脳」に興味があります。
    大きな新しい脳(大脳)には、生まれてからの知識・教育・体験等が(白いキャンバスに描くように)刻まれるそうです。大脳下方の小さな古い脳には、(DNAで)遺伝的に生命維持の危険察知や危機対応能力などの人類誕生以来のデータをコントロールする機能が、すでに引き継がれ刻まれているそうです。

    戦前・戦中派のいなくなった現在、「勉強のできる頭のいい人」、いわゆる政治や各界のリーダーは、どうしても自分の知識と経験(新しい脳の活用)を重視する。間違いを正しいことと信じており、その偏った判断がミスを招いている。
    昭和の高度成長後、外圧に押される度に右往左往し、特に平成時代のリーダーが、亡国へと更に誤った進路に向かい舵を切っている。

    戦後教育(今だけ!金だけ!自分だけ!)の当たり前の打破、マスコミ情報のウソを見抜く、中共一辺倒で拝金主義者の多い経団連を日本回帰させ、国民主権・国防・自前エネルギー確保の無視で左傾化した自民党から真の保守政党を作る。

    これからの時代は、勉強頭だけで無く、日本人・日本国を主語にする考えで古い脳を活性できる日本人の中から「真のリーダー」が求められるように思う。

    1. 今の日本を取り巻く諸悪の根源は中共の肥大化にあると思います。このような状況を作り出したのもグローバリストの金融資本家達で、中共に肩入れし手におえなくなってから潰しにかかっても、一筋縄ではいきません。まだ習近平がアホで覇権国家をむき出しにしてきたから、アメリカも危機感を抱いているが、もっと狡猾な指導者であったら世界は中共に支配されていたことでしょう。確かに日本人の庶民の民度は戦後高まってきたと思いますが、度量というか義の心は減退しています。どんどん小粒になる政治家や経営者を見ていると、この国の行く末も案じられますね。株式市場の売買も人からアルゴリズム代わっている。いっそのこと政治もアルゴにまかせたらどうか!などと言うことになりかねない。彼らは不倫もしないし、買収もされない。(笑い)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です