アンポ

「安保、反対!アンポ、ハンタイ!なんでも、はんたい!」などと口々に叫び近所の子供たちが路地を練り歩く。立ち話のおばさん達がそれを見て苦笑い。ついに60年安保反対デモが、子供達の遊びにまでなった瞬間だった!当時テレビが庶民の家庭にも普及し始めると、夜のニュースでは国会議事堂周辺の緊迫感が何度も放映されていた。日米安保条約の改正に反対する全学連のデモ隊と警察機動隊が激しくぶつかる状況を見て「なんでそんな悪い条約を締結するのか?」私は子供心に思っていた。そのころはの日本は今と違って、多くの若者は社会主義国家に憧れ、我が国も早く資本主義のアメリカから離れるべきだ!という世論も強かった。しかし自民党岸首相の主導の基、なかば強引に60年安保は国会を通渇する。

そして半世紀以上も時が過ぎた現在その頃の記憶もうせ、60年安保のことなど誰も話題にしなくなった・・・。「日米安保条約など破棄することも考えるべきだ!」トランプ大統領が先日突然発言した。もともとはアメリカから押し付けられた感のあるこの条約であるが、確かに日本側に有利な不平等条約である。(日本が攻撃されたらアメリカは日本を守る。だがアメリカが攻撃されても自衛隊はアメリカと一緒に戦わなくてもよい)これはアメリカが日本を再軍備強化させないための戦略であったと思うが、もう60年以前の条約で今のアメリカには負担が大きいのも確かである。でもこの安保条約のおかげで戦後日本は国防にあまり金を使うことなく、日本のインフラ整備や経済発展に資金を集中することが出来たのだ。

私にはトランプ大統領の真意は分からない。でも自国を自ら守ることは国家としては当然のことである。戦争に負け無条件降伏をした日本は軍事面では手足をもぎ取られた状態が続いている。自衛隊という組織もあるが、もし在日米軍が引き上げたら邪悪な軍事大国に囲まれる日本など、簡単に領土をもぎ取られる。「中国、ロシア、朝鮮人も、相手は人間だ!話し合えば分かってもらえる、軍隊を持たない平和憲法を守りましょう。」という理想論を言う人がいる。でも彼ら国民の置かれている状況を見てほしい。人権や人間の尊厳は剥奪され何の批判もできず、ただ独裁者にひれ伏し忠誠を誓うだけだ。彼らの掟は喰うか喰われるかで殺伐としている!性善説でなりたつ日本人は、いつも相手の善意を期待する。でもこんな民族、世界広しと言えども大国では日本人しかいない。

そろそろ憲法9条を改正し、真の意味で独立国としての尊厳を取り戻す時期に来ているのかも知れない。トランプさんありがとう。(勝田陶人舎・冨岡伸一)

“アンポ” への2件の返信

  1.  私も最後の文章「トランプさんありがとう」と、今回の彼の日米安保に関する発言を正面からとらえたいと思っています。しかし、真っ最中の選挙戦では、自国の安全保障・国防問題がすべての中で最優先されるべきことであるはずなのに、そのことが候補者の口からは発せられません。ただ、票にならないからとの考えからでしょう。
     選挙に無関心・棄権する者のなかに多くの票が眠っているのにそちらの票田を耕すことは決してしません。落選することが怖い既得権益に浸っている議員や世襲制の議員さん達には、「選挙区選挙」と「比例代表選挙」という参議院の選挙制度を変えること、ましてや「インターネット選挙」の導入は望めません。
     自己の利益より国民の利益を優先することのできる者「そんな知性・理性に優れた独裁者」の出現を望むしかないのでしょうか。しかし、直近の選挙、限られた情報の中ですが改憲・父系天皇反対の「偽平和主義者」には票を投じないつもりです。選べる候補者の不在な時は、「白票」を投じます。

    1. 多くの日本人はお人好しで素直。アーリア系や中国人など大陸の人間の、大局的戦略や謀略など全く気づかない。明治以降いつも彼らの意のままに誘導され利用されてきたと思う。今はディープステートと呼ばれるグローバリスト対決するトランプさんについて行くしかない。でもジャパンファースト、日本人としてのアイデンティティーをどう守り継承するか?もっと危機意識を強く持つ必要がある。まあ日本人は事なかれ主義のリベラリストがマスコミも含め多すぎますよね。知らぬ間にグローバリストのプロパガンダに乗っかった結果ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です